follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
そういえば
IMGP6672qaz.jpg


そろそろ蕎麦の花の咲く頃…。
(あと1枚)
10/08 | 季節をみつけたよ
谷保天満宮から矢川緑地へ   vol.9
IMGP30026.jpg


すっかり季節はずれになってしまった紫陽花の写真。
もっと早くUPすればよかったんですが。
湧水をたどる小さな旅、まだまだ続きます…
07/30 | 立川青柳段丘を歩く
谷保天満宮から矢川緑地へ   vol.5
IMGP30036.jpg


あじさい祭りのピンクののぼりが何本も立てられていて
興ざめだったんですけど
写真に撮るとそう悪くもないかな…
07/30 | 立川青柳段丘を歩く
谷保天満宮から矢川緑地へ   vol.3
IMGP30013_20110730062937.jpg


天満宮の裏手の小山に
紫陽花が群生しています。
07/30 | 立川青柳段丘を歩く
谷保天満宮から矢川緑地へ   vol.1
IMGP30001.jpg


国立にある谷保天満宮。
境内をたくさんの鶏が闊歩しています。
07/30 | 立川青柳段丘を歩く
あっという間に
IMGP30083.jpg


一ヶ月が過ぎてしまって
また広告を入れられてしまいました。
日本はよい方向に向かいませんね…
いい加減、ブログを何とかしなくちゃと思ってます。
06/29 | 小さな声で
あらら
IMGP29739z.jpg


ひと月以上もブログを放置しちゃってたとは…
05/27 | 小さな声で
東北に送ろう(1) TSTST=東北支援東京写真家チーム
IMGP29537z.jpg


ついつい原発に関すること、子供の避難とか放射能の基準の緩和とか
そちらにばかり関心がいってしまっていていけないなと気にはしていたのですが。
津波で被災された方々のために
ささやか過ぎる義援金だけではなくもっと何かできることはと
微力ながら参加させてもらえることを探しているこの頃です。

その中のひとつ、TSTST=東北支援東京写真家チームをご紹介します。
TSTSTは、ずっと八甲田山の森と川の写真を撮り続けていた写真家の岩木登さんが
東北を再建しようと立ち上げたグループで、
発足時に写真家のみなさんがメンバーとなっていたのですが
今は幅広い業種のひとが賛同してサポートしています。

そのTSTSTが支援物資の第二次募集をしています。

今回の支援先は、陸前高田、大船渡、大槌町を予定されているそうです。
募集している救援物資は

●ハムなどの加工食品(真空パックしたもの)
●カップ麺や缶詰など、保存食品
●下着類(男女の別、サイズは問いません)
●衛生品(洗顔・ボディシート、ハンドソープ、水のいらないシャンプーなど)
●日用品(トイレットペーパー、ティッシュなど)
●スキンケアアイテム(化粧水など)

詳しい内容や送り先については、岩木さんのブログ「Gスタジオから」で。

新品であること、ある程度まとまった数のものを揃えることが必要だそうです。


私は第一次募集の時は下着を
第二次募集はドライシャンプーを探してみたのですが
安いものを探しても自分で用意できることには限界があって…
ふと思いついて、企業のホームページを見てみたのですが
もう既に支援はやっているんですね、どこの企業でも。
ちなみに
■資生堂の場合…義援金の他に・水のいらないシャンプー10,000個
・ハンドソープ10,000個・速乾性手指消毒剤 大10,000個 小10,000個
・洗顔ボディーシート91,000個・ハンドクリーム10,000個・マスク40,000個
・水のいらないシャンプー11,000個の追加支援
■ワコールの場合…義援金の他に・婦人肌着・ショーツ・靴下 144,000枚
・紳士肌着・ボトム・靴下 50,000枚
・子供肌着・ショーツ 14,000枚

こんなに支援してるのに、でも全然足りてない。
正確な人数は検索できなかったんですが、
避難民の数は46万人とも63万人ともいわれてるとか。
本当にもうクラクラしそうな数で
今更のように今回の大震災が巨大なものだったのだと感じています。
被災地と離れた街では、何でも手に入れられて何でも食べられるのに。
被災されている方の中には、おにぎりやパンといった炭水化物しか食べてらっしゃらない方、
洗顔もままならない方もいらっしゃるそうです。
国や企業にもっと動いてもらいたいと歯がゆい思いがしますが
一方で、ひとりでも多く、被災地に手を差し伸べることも必要かなと。

例えば、救援物資を送る手がかりになることは他にもあります。
●被災地エリアガイド→こちら
●必要物資・支援要求マップ→こちら

何かできることを探してひとつでも。

地震から一ヶ月以上が経って、
被災された方々は一層不安で苦しい思いをされているのでしょう。

今回の支援でTSTSTはドリッピコーヒーのサービスも企画されているようです。
挽きたての豆で淹れたてのコーヒーを。
被災された方にコーヒーの香りを届けたい、そんな支援のために
コーヒー豆、ミル、紙ドリップセット、サーバー、紙コップ、
イワタニのキャンプ用コンロ、イワタニのガスボンベ、携帯ドリップコーヒーetc.
の提供もぜひよろしくお願いいたします。
04/21 | 地震、そしてその後 
ブログ再開といいながら
IMGP29427z.jpg


ブログ再開です、なんて宣言しておきながら
またほったらかしで、すみません。
急ぎの締め切りの仕事がきたりバタバタしてました。
あと、ツイッターのせいもあるかな。
今やはり頭の中を占めているのは
原発のこと子供の避難のこと食の安全のこと。
私がフォローしてるのは少なくて36人なのですが
それでも、タイムラインには次々とツイートが並んで
それぞれに資料のリンクが貼られてたりするので
ざっと見ていいなと思うものにリツイートるだけで
もう精一杯という感じ。
これ、フォローが100人以なんてひとはどうしてるんでしょね。
原発のことばかり考えているうちに
季節は進んで、桜も終わり、ハナミズキや山吹が咲いてます。
今年の春は、花が咲くのを見てもどこか哀しくて
来年の春はもう少し季節を喜ぶことができたらいいなと思うのですが…
04/21 | 小さな声で
やれやれブログ再開
IMGP29413z.jpg


4月2日から続いていたサーバーの故障によるブログの復旧作業が
やっと12日に終了したそうです。
FC2は巨大ブログなので、数あるサーバーの中の
blog8、63、66、120のサーバーだけが今回の障害に遭ってたわけで
それはきっと小さな出来事だったのでしょうが、
当事者はそりゃあもうはらはらさせられました。
私の場合は、直ったと思って新しい記事を更新したら
左のブラグインの部分、カテゴリーとかリンクとかコメント欄とかすべて無くなって
その空白にびっくらこけたのですが、
中には過去の記事が全て消えて真っ白になってしまった気の毒なブログもあって!
メンテナンス中に更新するとデータが復旧できない場合もあるかもというので
このところUPしたいと思うことも色々とあったのですが
気の小さい私はメンテナンスの終了まで更新するのを待ってました。
ブログの過去の記事が消えてしまうなんて、たいしたことではない、
そう思うようにしていたのですが、
2005年からの自分の足跡が消えてしまっていたら、その喪失感は大きかったかな。
なんてもちろん、3月11日以降の世界ではブログの喪失など
ほんの些細なことと解ってはいるのですが。

メンテナンスが終了しても
あちこちの文字化けは残ったまま
カレンダーも機能してないのではずしてしまいました。
まあでもなんとか、ブログ再開です。
04/13 | 小さな声で
水道水の汲み置きのすすめ
IMGP29356z.jpg


ずいぶん更新の間があいてしまいました。
FC2で2005年からブログを続けてますが
こんなにやきもきさせられたのは初めてというトラブルで
ここ何日間かログインできなかったのでした。
一部のサーバーの機械が壊れてしまって新しく交換したとのこと。
データーが完全には回復できない場合もあるということでしたが
どうやらうちのブログでは1月以降のコメントが消えてしまったみたい…
カレンダーも機能してないし、文字化けもあるけどもう仕方ないかな…
FC2のサーバーはアメリカにあるんですって。
海の向こうで復旧のために何日も頑張っていたひとがいるんですね。

トラぶる前から、
家庭でできるプチ放射能対策みたいなことを書いてまとめてます。
それはまだ書きかけ途中なのですが
もしかしたら8~9日に雨が降るかもしれないので→気象庁週間予報
先にお伝えしておこうと思います。
雨が降る前に、水道水の汲み置きをしておいてください。
今度の雨はたいしたことがないかもしれないし、
取水地には降らないかもしれないし、
この前の雨の時のように水道水の放射能の測定値が跳ね上がることはないかもしれません。
でも、特に小さなお子さんのいる家庭では、用心するにこしたことはありませんから。
空いたペットボトルにでも、少なくとも3日分くらいは水を溜めておきましょう。

ちなみに→都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果
都内の水道水中の放射能調査結果を比べてみてください。
雨の翌日から水道水の放射能の値が高くなることが数字に表れてます。

それから、自治体は大人300ベクレル乳児100ベクレルの基準値を越えると
取水制限を行うことになってましたが、
今度は3日間の平均値が基準を越えないと制限しないんですって。
水道水の摂取制限「3日分の平均値を基準に」厚労省
なんかね~、もう。

ちょっと前には千葉の方で3月22日に370ベクレルを越えていたことが
29日になって発表されました。
その水道水でミルクを作って赤ちゃんに飲ませてしまったお母さんは
どれだけ悔やんだのか、どれだけ悔しがったのか…

というわけでまた長くなりましたけど
雨が降ったら自治体に頼らず自分で判断して水道水を使いましょう。
汲み置きの水道水を使えば、少なくとも放射性ヨウ素の摂取を減らすことができます。
ミネラルウォーターがあればよけいにいいんですけど
まだ手に入れにくいですしね。

放射能被爆は、たとえ距離の離れた東京でも
小さな足し算が積み重なっていきます。
その積み重ねを大人が気にしないで暮らすのは全然有りだと思いますけど、
子供たちのためには、ひとつでも積み重ねを減らすように
どうかお母さんが工夫してあげてください。

※追記:水の汲み置きのことを書いて、もうひとつ雨の時の大事なことを書き忘れてました。
     雨には濡れないように注意してください。
     特に降り始めは注意だとか。
     子供たちが濡れないようにお母さん気をつけてあげて。


東京都水道局ホームページ(暫定版)でも水の汲み置きを呼びかけてますね。
汲み置きの方法が紹介されてたので貼っておきます→水道水をくみ置く際の留意事項について
04/06 | 地震、そしてその後 
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。