FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
街の中心 その7
IMGP3805.jpg

吉田川にかかる四つの橋のなかでも
中心といえるのが、この新橋です。
夏にはこの橋から、地元の子供たちが飛び込むことで
知られているんですよ。
川の水面まで12mの橋からのダイブはかなり危険なのですが、
郡上八幡のHPには、こう書かれています。
「…小さなときから川に親しみ、最初は低い岩から飛びこみ、
三角岩、サンリキ岩、学校橋、やがて新橋と順に高いところから飛びこんで度胸をためしていきます…」
飛び込む高さをひとつひとつクリアしていくことは、
この街に生まれた子供たちにとっての通過儀礼なんですって。
安易に真似をしていきなり飛び込む観光客もいて、
街の人は心を痛めているようです…。
11/17 | 秋の郡上八幡 | CM:8 | TB:0
街の中心 その5
IMGP3751.jpg

郡上八幡の中心は、川といえるかもしれません。
ちょうど、街を二分するように、滔々と吉田川が流れています。
11/17 | 秋の郡上八幡 | CM:4 | TB:0
街の中心 その3
IMGP3748.jpg

旧庁舎は、現在では街の観光案内の拠点になっています。
宿や見どころの紹介、特産品の販売…
吉田川を望むソファーで、お茶を飲んだり、お昼を食べたりすることもできます。
私たちは、観光マップをもらいに立ち寄りました…。
11/17 | 秋の郡上八幡 | CM:0 | TB:0
街の中心 その2
IMGP3747.jpg

郡上八幡旧庁舎記念館の天井。
11/17 | 秋の郡上八幡 | CM:0 | TB:0
街の中心
IMGP3755.jpg

街の中心は、郡上八幡旧庁舎記念館のあたりでしょうか?

<あと1枚>
11/17 | 秋の郡上八幡 | CM:4 | TB:0
宿の周辺 その6
IMGP3726.jpg

「郡上八幡といえば南天」と、yuriさん@*うみねこ*やまねこ*に教えていただきました…。
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:6 | TB:0
宿の周辺 その5
IMGP3718.jpg

民芸館のとなりは、「やなか水のこみち」。
柳の下を清流が流れています。
で、こんな風にお茶碗が置かれているのを、
この後、郡上八幡のあちこちで見かけました。
街中で、ミネラルウォーター、飲み放題です。

<あと1枚>
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:4 | TB:0
宿の周辺 その4
IMGP3711.jpg

宿から4軒くらい先の民芸館。
大文字草が活けられていました…。
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:4 | TB:0
宿の周辺 その3
IMGP3731.jpg

商店街の上には…。
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:4 | TB:0
宿の周辺 その2
IMGP3705.jpg

そのお隣は、郡上みそのお店。
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:0 | TB:0
宿の周辺
IMGP3703.jpg

宿の向かいは、コトブキ菓子店でした。
11/16 | 秋の郡上八幡 | CM:10 | TB:0
郡上八幡の駅で その6
IMGP3698.jpg

駅の前の酒屋さんです。
郡上八幡のキャッチコピーは、「水とおどりの城下町」。
なんと400年にわたって歌い踊りつがれた伝統があるそうです。
踊るのは、7月中旬から9月上旬にかけての32夜。
踊る場所はあちこち、ひと夏で街をひと巡りするそうです。
今日は街の辻だったり、明日は神社の境内だったりなんでしょうね。
中でもすごいのが、徹夜おどり!
クライマックスの8月13?16日の盂蘭盆会は、朝まで一晩中踊るのだそうです!
大変そうだなあ…。
11/15 | 秋の郡上八幡 | CM:8 | TB:0
郡上八幡の駅で その5
IMGP3702.jpg

なぜか、駅の構内で赤カブを売っていました…。
11/15 | 秋の郡上八幡 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved