FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
『樹氷の世界』と言う中谷宇吉郎の著作があります。
気象学の随筆集です。
とてもすばらしい本です。
この本に写真を添えるのなら
あずきさんの写真がぴったりだと思いました。
う~ん、小説にも出てきそうな写真ですね。
心情がこもっているようで、とっても素敵です。
冬独特の凛とした空気感を
窓から写し撮るっていいですねー♪

一枚目
とくに好きです^^
水滴の付いた窓ガラスが部屋の温かさを伝えていますね。
2枚ともとてもステキなお写真だと思います。
窓の外の雪景色も美しいですね。
窓の結露が内外の温度差を示してて、すてきだなあ。
人工的な窓枠と、外の木々の感じも格好いいです!
もったいない、お言葉!
中谷宇吉郎さんは、憧れの方であり、敬愛してやまない方です。
「天から送られた手紙」という雪の結晶の写真集を見たことがありますが、素晴らしいものでした。
片山津温泉にあるという「中谷宇吉郎雪の科学館」にも、
いつか行ってみたいです。
そうそう、岩波少年文庫の「雪は天からの手紙」探さなくちゃ、と思っていたんでした。
あおいさんに教えていただいた「樹氷の世界」もね♪
小説とはまた、素敵なコメントを
ありがとうございます!
実際はですね、窓際のオイルヒーターをつけたら、露滴がみるみるうちに消え始めて、
大慌てで撮ったんですよ~(^_^;)
コメントありがとうございます!
窓って、つい撮りたくなるのは、どうしてでしょうね?
もう少し露滴が付いていてくれたら、さらよかったんですが…。
一葉さんに、1枚目を気に入っていただけたのでしたら、
とても嬉しく思います(〃'∇'〃)
コメントありがとうございます!
ちょうど慌てて露滴を撮ろうとしていたら、
子供が露滴に絵を描こうとして、ギャ~ッやめて~!だったんですよ(^_^;)
子供って、曇ったガラスをみつけると、必ず絵か字を書くんですよね~
間一髪でした~ (´_`。)
それが、外との温度差が広がれば、露滴がもっと広がるかと思って、
窓際のヒーターをつけたのですが、
みるみる露滴が消え始めて、めちゃくちゃあせりました~ (>_<)
乾燥したんでしょうか~?
>格好いいです
ありがとうございます!とても嬉しいコメントです(〃'∇'〃)
窓から見えるのは白樺の木ですね
なんかロマンチックなフォト
ドラマの回想シーンに出てくるような・・・ジーンときますねo(^^)o イイナ~
あ、ほんと、ドラマの回想シーンぽいかも~
昔、借家に住んでガスストーブを使っていた頃は、
露滴がすごかったんですけど、今のマンションは、乾燥しまくりで、
朝、起きたら窓に露滴があるのが、ちょっと嬉しかったです~ (〃'∇'〃)
はじめまして。
なんか雰囲気のある写真ですね。
冬にしか撮れないような。
なんだかこっちまで温かくなるような。
こちらこそ、はじめまして!
来てくださって、嬉しく思います。
>なんだかこっちまで温かくなるような
素敵なコトバも、ありがとうございます!
綺麗ですね。
このような窓の外というアングルが好きです。
はじめまして。
来てくださって、ありがとうございます!
レス、遅くなってすみません。
窓は、外の景色を額縁のように切り取るので、
つい惹かれて撮りたくなりますね。
先ほど、tetsuさんのところにおじゃましたのですが、
英語のブログで、コメントも国際的で、びびりました~(^_^;)
でも、写真を拝見したいし、日本語でコメントしてもいいらしいので、
後ほどまたお訪ねします (*^^*)
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
http://yoikana.blog8.fc2.com/tb.php/591-45dbef14
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved