follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
東北に送ろう(1) TSTST=東北支援東京写真家チーム
IMGP29537z.jpg


ついつい原発に関すること、子供の避難とか放射能の基準の緩和とか
そちらにばかり関心がいってしまっていていけないなと気にはしていたのですが。
津波で被災された方々のために
ささやか過ぎる義援金だけではなくもっと何かできることはと
微力ながら参加させてもらえることを探しているこの頃です。

その中のひとつ、TSTST=東北支援東京写真家チームをご紹介します。
TSTSTは、ずっと八甲田山の森と川の写真を撮り続けていた写真家の岩木登さんが
東北を再建しようと立ち上げたグループで、
発足時に写真家のみなさんがメンバーとなっていたのですが
今は幅広い業種のひとが賛同してサポートしています。

そのTSTSTが支援物資の第二次募集をしています。

今回の支援先は、陸前高田、大船渡、大槌町を予定されているそうです。
募集している救援物資は

●ハムなどの加工食品(真空パックしたもの)
●カップ麺や缶詰など、保存食品
●下着類(男女の別、サイズは問いません)
●衛生品(洗顔・ボディシート、ハンドソープ、水のいらないシャンプーなど)
●日用品(トイレットペーパー、ティッシュなど)
●スキンケアアイテム(化粧水など)

詳しい内容や送り先については、岩木さんのブログ「Gスタジオから」で。

新品であること、ある程度まとまった数のものを揃えることが必要だそうです。


私は第一次募集の時は下着を
第二次募集はドライシャンプーを探してみたのですが
安いものを探しても自分で用意できることには限界があって…
ふと思いついて、企業のホームページを見てみたのですが
もう既に支援はやっているんですね、どこの企業でも。
ちなみに
■資生堂の場合…義援金の他に・水のいらないシャンプー10,000個
・ハンドソープ10,000個・速乾性手指消毒剤 大10,000個 小10,000個
・洗顔ボディーシート91,000個・ハンドクリーム10,000個・マスク40,000個
・水のいらないシャンプー11,000個の追加支援
■ワコールの場合…義援金の他に・婦人肌着・ショーツ・靴下 144,000枚
・紳士肌着・ボトム・靴下 50,000枚
・子供肌着・ショーツ 14,000枚

こんなに支援してるのに、でも全然足りてない。
正確な人数は検索できなかったんですが、
避難民の数は46万人とも63万人ともいわれてるとか。
本当にもうクラクラしそうな数で
今更のように今回の大震災が巨大なものだったのだと感じています。
被災地と離れた街では、何でも手に入れられて何でも食べられるのに。
被災されている方の中には、おにぎりやパンといった炭水化物しか食べてらっしゃらない方、
洗顔もままならない方もいらっしゃるそうです。
国や企業にもっと動いてもらいたいと歯がゆい思いがしますが
一方で、ひとりでも多く、被災地に手を差し伸べることも必要かなと。

例えば、救援物資を送る手がかりになることは他にもあります。
●被災地エリアガイド→こちら
●必要物資・支援要求マップ→こちら

何かできることを探してひとつでも。

地震から一ヶ月以上が経って、
被災された方々は一層不安で苦しい思いをされているのでしょう。

今回の支援でTSTSTはドリッピコーヒーのサービスも企画されているようです。
挽きたての豆で淹れたてのコーヒーを。
被災された方にコーヒーの香りを届けたい、そんな支援のために
コーヒー豆、ミル、紙ドリップセット、サーバー、紙コップ、
イワタニのキャンプ用コンロ、イワタニのガスボンベ、携帯ドリップコーヒーetc.
の提供もぜひよろしくお願いいたします。
04/21 | 地震、そしてその後 
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。