follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
四大陸選手権 男子SPの感想 高橋大輔1位発進  
IMGP17158.jpg


高橋大輔はやればできる子!
まだまだこれくらいで嬉しがるわけにはいかないぞ。
な?んて思いながら感激してしまった男子SP。
高橋くんがむしゃらに頑張ったことが結果となって
ほんとによかったです。
2位は、こちらも応援してやまないジェレミー・アボット。
3位は羽生結弦くん。
(続く)
今年の4CCは、オリンピック前の去年と違って
各国のナショナルの上位が集結して
ほんと欧州選手権と対峙する
ワールドの前哨戦のチャンピオンシップって感じになりましたね。
(アメリカ男子は、ワールド組ではありませんが
この大会でナショナルのリベンジを目指してるだろうし)
ただ、欧州選手権に比べて、
四大陸と銘打った割には参加国も参加選手数も少なくて、
ヨーロッパの色んな国の選手が観れたユーロに比べると
ちょっと寂しい感じがしちゃいます。

●男子シングルSPの結果はこちら

■Misha GE

ミーシャ・ジーくんって読み方でいいのかな。
冬季アジア大会で6位に入ったウズベキスタンんの19歳ですね。
上は白黒チェッカーで、下は真っ赤なコスチューム。
蛍光グリーンのスカーフもギラギラと鮮やかで、
派手さではカザフのアブザル・ラキムガリエフくんに負けてない?
アメリカを拠点にしててフランク・キャロルコーチについてるとか。
3F+3T、 3Lz、 2Aとノーミスだったのかな。
コミカルな表情たっぷりで楽しませてくれた選手でした。

■ブレンダン・ケリー
瞳の美しさにお?と見惚れてしまった王子様系の選手。
ブルー系でまとめたシャツにベストにネクタイ。
プログラムはアメリカのドーンブッシュくんも使ってる
シャーロックホームズのサントラです。
オーストラリアで2年続けてジュニアチャンプなんですって。
JGPに出てたの気がつきませんでした。
でもね?、雰囲気はあるんだけど、演技は要素をこなすのに精一杯という感じかな。
3Lz+2T、2A、3Lo。慎重に跳んでました。

■Wun-Chang SHIH
ウー・チャン・シーくん。
リンク脇に立ったのが信夫コーチでびっくりしました。
台湾の選手も教えてたんですね?
3T+2T、3S、2A<。
もう24歳ということで、将来性ということでは
同じ台湾のJordan JUくんなんでしょうけど。
キスクラで信夫コーチがニコニコ。シーくんの膝をぽんぽんしてました。

■ジョーイ・ラッセル
カナダのナショナルで、Pチャン、ソーヤーに続いて3位になった選手。
22歳ということですけど、GPSで見かけたことないな?
197cmの長身というのに、ライサみたく長い?って印象がないのは
体つきがもっさりしちゃってるからかな?
お顔とかディカプリオばりなのに、いろいろ外見的には微妙な選手です。
紺色のベルベットに金色の縁取りというぴたぴたの王子様衣装。
演技は、上半身を大きく使って、指先まできれい。
ジャンプは、3A転倒、3F+3Lo、3Lzおっとっとでこらえてました。
スケーティングもいいんですが、全体的に重い印象。

■マーク・ウェブスター
21歳のオーストラリアの国内チャンプ。
え?またまたベスト姿でプログラムがシャーロック・ホームズなんだ。
今季、シャーロック・ホームズもあちこちで被ってますよね。
2A、3F+2T着氷つまる、3Loなんとか。
彼はきっとワールドの予選にトライするんでしょうね?、頑張って。

■ミン・ソクくん
彼はジュニアの時に羽生くんがお話ししてたよ?と言ってた選手ですよね。
たしかその時は3Aが跳べなかったと思うんですが、今日の3Aは高くてきれい。
あれれ3A得意だったのかな、記憶違いかも?
ドーナツスピンも男子にしてはきれい。
3Sがステップアウトになってセカンドつけられず。
でもキスクラでは、まあまあ明るい表情でした。

■アーミン
3A、3F+3T、3LzOK。
エキゾチックな振り付けで、手の表情なんかも多彩なんですよね。
ノーミスなのに点数もっとあげてよと思ってプロトコルを見たら
3A<刺さってました、残念。SPは5位でした。
演技が終わった選手の何人かが着替えてスタンドで観戦してたんですが、
客席のアーミンがカメラに抜かれたら、ご両親らしき方と一緒。
おぼっちゃまなアーミンのご両親らしく、上流ちっくで素敵なおふたりでしたよ。

■ソーヤー
3Aが2Aになってしまうのはもうデフォかしら。
加点がつきそうな2Aでしたけど。
3F+3TはOK、3Lzはツーフットでおっとっと。
つなぎ満載で最後はソーヤーならではのI字スピン。
おなじみの、あの股裂きスピン(失礼)です。SPは7位。
このアサシンズ・タンゴ、ペイズリー模様の衣装も好きで
もう一度ワールドで観れるのが楽しみです。

■ウーくん
4Lzの練習をしてるというのがめっさ楽しみなウーくん。
3Lz+3Tは軽々だったけど、3Aお手付き、3Loなんとか。
ユーロで解説してた樋口先生は、ベルルンの片足ステップを
つまらないのよね?と切り捨ててましたけど、ウーくんのはOK?
同じ中国のJinlin GUANくんに抜かれてSP10位、ちょっと残念。

■アボ
もう何が残念って、アボがワールドに来れないのがね?
でも1番残念なのは、本人なわけで。
先日、Jスポーツで全米選手権のEXを観たんですけど
全米前に作ったEXの帽子プロがとっても素敵で
かえすがえすも残念でした。
今日も、ちょっと緊張しちゃってたのかな?
3F+3T、3Aよすよす、3Lzはちょっと前傾したけどなんとか。
そのルッツとフライングアップライトスピンでちょいミスしただけだったんですけど
なんか、全体的に冴えないな?。まあ結果SP2位なんですけどね。
もともと、ナハロさんの振り付けのこのSPはそんなに好きじゃないんですが
1番いいなあ?と思ったのは、夏の韓国のショーでタンクトップでやった時かな。
とにかく、今季のFSのプログラムの方が大好きプロなので、
明日は、もうとにかく今季最後ってことで、のびのびと滑って
最高のシャイな笑顔を見せてほしい。

4cc abo sp2

■リッポン
髪の毛をベリーショートにしたら、美少年成分がちと減った?
全米選手権のリベンジで完璧ショートを期待したのですが
3Aお手付きから転倒、3F+3TはOK、タノルッツはビューティフル!
キスクラではリッポンもオーサーもまあまあ明るい表情で、SP4位。
でも、リッポンがひとつ大きなため息をついたのが切ない?
ワールド、行きたかったよね。来てほしかったよ。
リッポンの写真探しましたけど、まともに撮れてる可愛いげなのがみつからない…

adam national
え?い、リッポンだけ全米選手権の時の写真にしちゃえ…

■ケビン
ワールドに行けない分、頑張って?と応援する選手が続きます。
ほんと、ワールドの北米勢は、デニバレ組といい、ミライちゃんといい、ムロズさんといい
このケビンといい、親しみのある選手が出場できなくて寂しくてたまりません?
今日も、クワド2本決めてほしかったんですけどね?
4S+3Tはよかったのに、3Aも4Tも転倒…
いっそ、3Aを2Aにしちゃったら、クワドがスムーズに決まるんじゃないかしら、なんて。
シェーリーン先生振り付けのこのショートが好きだったので
よけいに最後の演技をまとめてほしかったな。

■こづ
今季、完璧の演技のSPを見慣れてたので、あららどうした??
3Lzが前のめりになったせいかコンボにならず、
3Aも前傾してお手付き、
3Fでコンボリカバリするかと思いきやこれもおっとっとをこらえて単独ジャンプ。
解説の樋口先生が「こんだけ悪いのをやっとけば、ワールドは大丈夫」
なんてことを言ってました。
キスクラの信夫コーチは、まあしょうがないでしょと言いたげな穏やかな表情。

4cc kozu sp1

■高橋くん
ファンの方なら日経新聞の連載→こちら
を読んでらっしゃるかと思いますが。
ほんとに、このひとは、ここまで素直に自分の思いを吐露しちゃうのね?って。
これを読んで、どんなにかがむしゃらに頑張る日々を過ごしてきたんだろう、
そう思って今日のSPを観たら、やっぱ泣けてきます。
でも、ここで泣いてはいられない。
今季初めて、ジャンプが3本ノーミスだったのは嬉しいけど、
初めてTESがPCSを上回ったのも嬉しいけど、
83.49の得点をもう少し頑張って86?88点くらいにしてほしいと言ったら鬼でしょうか。
今日は、3F+3T、3A、FUSP4、3Lz、CCSP2、SLST3、CCOSP4
ジャンプはプラスばかり、エラーもなしで加点ばっかだったし、
ステップはレベル3だったけど9人中8人が加点3をつけてたし、
さらに上の点数というのは厳しいんですけどね。
Jスポーツでリアルタイムで観ていて、
ドーナツスピンにはほんとびっくらこきましたけど
(筋肉痛の原因はこれですね!)
レベル2ということで、点数的にはさらに改善しなくちゃいけないでしょうね。
体の固いデーが意外とスムーズにキャッチフットにもっていったのは
ほんと本人の頑張りなんでしょうけど。
明日のフリーも、ジャンプはほぼノーミス、
でもまだまだあちこち改善点ありというのをお願いしたい。
だってね。この前の四大陸のように神演技だと
ピーキングが上手くなったデーとはいえ、
また次のワールドが心配になっちゃいますもんね。

dai 4cc sp5
ジャンプの着氷が、どれも流れてた?

■羽生くん
もうSPはずっと好調な羽生くん。
高?い3A、3Lz+3Tカンペキ、でも3Fはフェンスぎりぎりでヒヤッとしました。
もう少し上の点数が出るかと思いましたが、でもSBなんですね。
点数が出てニッコリ、ななみ先生と嬉しそうに握手、
ピースサインでまたニッコリしてました。
あとは明日のFS、最後のスタミナ不足をどう克服してくるか。
表彰台を意識しないで滑ることができたら、
表彰台でまたこの笑顔が見れそう。

fcc yuzu sp3
ビールマン、もう腰の痛みは大丈夫なのかな?

■ナン・ソンくん
3Aが高くて、3Lz+3Tはぎゅるぎゅる迫力があったのに
どうしたフリップが抜けて1Fに。
スピンもひとつノーカンになってしまってもったいなかった。
ナン・ソンくんは、以前はランしてジャンプという印象が強くて
高く跳んでどすんと降りる流れのないジャンプも
脚に影響しちゃうんじゃないかと心配だったんですが
どちらもだいぶ改善してきたみたいで、全体的にはよくなってたのにな?
羽生くんと、ガチくんと、ナン・ソンくん。
去年のジュニアワールドで表彰台に乗った3人が
将来のライバルになったらいいなと思うんですよ。

■アブザル・ラキムガリエフくん
あだ名でばっか呼んでて、なかなか名前が覚えられなかったんですが
やっとすらすら言えるようになりました、この頃。
ショッキングピンクのシャツに紫のネクタイ。相変わらずの奇天烈ぶり。
3Aオーバーターン、3F+3Tステップアウト、3Loなんとか、だったかな。
かつての刈り上げ頭でぴちぴちの衣装を着てた
センセーショナルな時代に比べたら、ずいぶん普通になって
反比例するようにじわじわと技術があがってきましたね。
軽井沢のJGPかどこかで、すっごくノロノロしてて遅かった気がするんですけど
今日はスピードもまあまあ普通でした。
02/19 | フィギュアスケート
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。