follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
軽井沢   離山房
IMGP28098.jpg


今度は喫茶店つながりで、「離山房」。
ジョン・レノンが軽井沢で愛した店としてあまりに有名な場所です。
残念ながら訪ねた日はお店はお休みでした。
窓から中を覗いたら、ジョンとヨーコの写真が飾られてました。
そういえば、大昔に、ジョン・レノンの写真集を買ったなあ…
「John Lennon A Family Alubum ジョン・レノン 家族生活」というの。
軽井沢滞在中の写真が何枚も載っていて
ジョンが箸で器用にお蕎麦を食べてる写真とかもあった記憶がある。
私がひたすら好きだったのは、ジョンが小さなショーンと一緒の写真。
ただ一緒にいるだけのショットだというのに、息子への愛情が溢れ出てる写真だった。
そんな思いもあって、ジョンの曲では"Beautiful Boy"が1番好きかも。
あの写真集、どこにやっちゃったんだろう…
そういえば数日前はジョンの生誕70周年だったらしくて
グーグルのトップもジョンのイラストでしたね…
10/16 | 軽井沢・安曇野 | CM:6
あれ、コメント欄開いてたのは久しぶりですか。

軽井沢、良いですよね。避暑地だから夏も良いけどこれからの季節も僕は好き。
僕がよく行ったのはもうちょっと西の方でしたが。
徐々に写真も秋らしくなってきたような。そんな演出ですか(笑)。いいですね。

軽井沢とジョン・レノンファミリーと言えば(あっちは一応ジョンらしき人なんですが、笑)
僕は『ウランバーナの森』の方を思い出してしまいます。
奥田英朗のデビュー作。幽霊と便秘のお話です。ご存知かと思いますが。
生誕70周年に記念館がなくなっちゃったんですね。僕はジョンと誕生日が同じなんです。
おはようございます。
軽井沢は水と緑と建物の調和がとても美しいですね。
お写真を拝見していると、そう実感いたします。
どのフォトも、さりげない緑の配し方、そして色合いが素敵です!
水面に映った植物たちのカラーには思わず目を奪われてしまいました。
ヴォーリズ建築のある風景も、ヨーロッパのような雰囲気
特に旧朝吹山荘の2枚は大好きです。
やっとかめさん、ご無沙汰しちゃってます。
コメントありがとうございます。
コメント欄、前よりさらに勝手してて
閉めてる方が多くてすみません^^;

今回はまだ夏の終わりの9月初旬でしたが
軽井沢のカテゴリをダーッと遡ってもらえれば
11月の軽井沢の写真があります。
ほんとは、10月が秋の軽井沢のベスト・シーズンなんですけどね。

「ウランバーナの森」、知りませんでした。
奥田英朗は、「イン・ザ・プール」しか読んでないです…
一応小説の形みたいですけど、ジョンがモデルなんですね。
今度、読んでみます。講談社文庫になってますね。

…あらら、もう遅いですけど
お誕生日おめでとうございます。
天秤座ですか?
双子座と相性いいですね、なんて。

誕生日が同じ有名人がジョン・レノンなんていいな~
私なんて、江川卓と、上野樹里。微妙です…^^;
igu-kunさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
実は、軽井沢に「水」のイメージは
今まで全く持ってなかったんですよ。
雲場池にも御前水にも初めて行ったもので。
あと、ヴォーリズ建築がある水辺はタリアセンという施設なんですが、
ここは新しく作った人造湖のようです。
今まで、軽井沢といえば「樹」のイメージ、
あるいは浅間山の「山」のイメージでしたので
特に雲場池の風景は新鮮に感じました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すみません、
いつもコメ欄を閉めてるのがいけないのですが
いただいたコメントを
勝手に「芒の野へ vol.5」に移動させてもらいました。
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。