follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
JGPイギリス大会? ソトニコワ優勝 西野3位 高橋トラン組2位
C360200x.jpg

ジュニアグランプリのイギリス大会、
ペアと女子シングルが終わりました。
表彰式で、日の丸を2回、見れましたよ?
(続く)
まず、ペアについて。

感動しましたよ?!高橋トラン組のツイストの高さに!

プロトコルを見て再び感動。
2FTw4がついてる?!

ダブルツイストでレベル4、加点3もついてるって、
どんだけ質の高いツイストだったかってことですもんね。

成美ちゃん、マービン、すごいよ。

SPでの躓きが大きくて挽回できても2位までかな?と思っていて、
しかもフリーのスタート直後のジャンプでも失敗があって
あらら?と思っていたのですが、その後はよくなって。
結局、TESはもちろん、PCSも1番の点数で堂々フリーは1位、
フリーのPBも更新するという、とにかく素晴らしいフリーの演技でした!

演技が終わったあとふたりがハグしてましたっけ。
SPのキスクラでは目も合わさなかったのに…
成美ちゃんが小さくガッツポーズもしてて、ほんとこの子は男前ですよね?

使用曲はバイオによると「El Dia Que Me Quieras」というタンゴの曲で
今までだったら成美ちゃんたちにタンゴは?と思うところですが
これが思ったよりなかなかで、表現面でも頑張って練習してるんでしょうね。
成美ちゃん、とにかくよく脚があがるのでポージングも綺麗で決まってる。

リフトのひとつで、成美ちゃんが顔を太股まで折り曲げた開脚ポーズで
リフトアップされていましたけど、あれはよくあるリフトなんでしょうか?
わあ?って思いましたけど。

とにかく、もう一度観てみたいので動画があがるのを楽しみにしてるとことろです。

(…と思ったらもうあがってました。UPしてくださった方、ありがとうございます)
高トラ組のFS動画↓
2010 JGP GBR TAKAHASHI-TRAN FS

●ペアFSの結果はこちら
●ペアの総合順位はこちら


優勝は、SP1位だったロシアのストルモヴァ/クリモブ組
フリー2位で総合1位。

ちょっとミスが目について
スロージャンプがお手つきだったり、ジャンプで転倒があったり…
ミスなくまとめたオーストリア大会よりは調子落ちのよう。
あと、度々書いてますが、前の大会で初めてこのプログラムを目にしたときは、
マイムのところが高橋大輔選手の振りと似ていて楽しかったのですが
正直、2度目でもう見慣れてしまったかな。
これでファイナル進出の切符を手にしたので、
また活き活きとした演技で楽しませてほしいです。

あとは、自分用のメモですが
4位になったカナダのスティール/シュルツ組
3位になったカナダ・ペアより気になりました。
このペア、SPの時も、ちょっと他のペアとは違った衣装と雰囲気だったのですが、
FSでも期待を裏切ることなく、やっぱり個性的でした。
衣装は、男性が黒のTシャツにサスペンダー付きの白い格子柄のダブダブズボン。
女性が金髪を三つ網にして、黒のセパレーツを着ていました。
使用曲はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」をアレンジしたの。
ファイナルに進めるようなペアではないんですが、将来はGPSに派遣されるようなペアになってほしいな?

女子は、もちろん、優勝はアデリーナ・ソトニコワ。

●女子シングルFSの結果はこちら
●女子シングルの総合順位はこちら


ソトニコワは、SPの時に、他にミスもないのに点が下がった分、
ルッツにエラーか回転不足がついたかも、と書いたら
その両方がついてしまいました。
SPでは、3Lz+3T< e、FSでは、3Lz+3Lo<< e

う?ん、ちょっと残念です。
彼女には、弱点のない無敵の強さを誇る女王様でいてほしいのに。
減点が少ないのを見ると、以前のルールのように
軽度のエッジエラーには「e」ではなくて「!」がつく
評価方法の方がよかった気さえしてきます。
これからも気にしないでルッツ跳んじゃえばいいのにと思うんですけど。
てか、高得点を稼ぐルッツからのコンボは無くすわけにはいきませんよね…

ソトニコワのFS動画↓
2010 JGP GBR Adelina SOTNIKOVA FS
スピードがありながら、動きのひとつひとつが丁寧で綺麗。華やかです。

2位になったのは、SPも2位だった、アメリカのヤスミン・シラジ
とにかく、滑っては跳んで、滑っては跳んで。
ループ以外の4種のトリプルをエッジエラー無し、回転不足無しで成功させました。
TESが高いのは当然だけど、PCSも50.02点ってちょっと高過ぎじゃ?なんて
思ったのですが、動画で改めて観ると細かい振りやつなぎもやってたんですね?
フランス大会についで2位で、ソトニコワと共に、ファイナル行きが確定でしょう。

ヤスミンのFS動画↓
2010 JGP GBR Yasmin SIRAJ FS

そして、おめでとう?!なのが3位の西野友毬ちゃん。
彼女が試合で結果を出せなくても信じて応援してきたファンも嬉しいでしょうね?
とにかく、紫っぽいマゼンタ色の衣装が艶やかなせいもあるのか、
彼女のまわりには、ぱあっとした空気があるんですね。
スローパートもずいぶんやわらかく演じるようになって、I字スピンもきれい。
ただ、ジャンプの高さが無いのがね?
プロトコルを見ると、回転不足を三つとられていて、ああやっぱりという感じです。
ただ、フリップにeがついてしまいましたが、5種トリプルを跳んでるのは偉いなあ。
キスクラでは嬉しそう→不安そう→点数が出るとうんうん頷く、という感じでした。

友毬ちゃんのFS動画↓
2010 JGP GBR Yuki NISHINO FS

押川ロアンナ紗璃ちゃんは、演技の前にリンクのすみで、
胸の前で手を組んでお祈りのポーズをしてたんですけど、
それが使用曲のロミジュリにぴったりな切ない感じでした。
彼女の腕の使い方とか、好きなんですけどね?
キスクラで咳き込んでましたから、体調が万全じゃなかったかも。
それでも、SP6位、FS6位で、総合順位5位になりました。

その他、気になったこと。
SPでも「アメリ」を滑ったハンガリーのChelsea Rose CHIAPPA選手。
名前の読み方はチェルシア・ローズ・チアッパでいいんでしょうかね?
ハンガリーのローズちゃんて覚えようかな?
FSのアメリもとっても素敵でした。
衣装がね、オリーブグリーンのスカートの下にライトグリーンが重ねてあって
しかもスカートの裾がクラウンの衣装のようなギザギザでかわいい?
って説明しても解んないですよね。
私に技があればストリーミングの画面を保存して貼るんですが…

そして、表彰式。
まず、女子の表彰式が先に。、
ソトニコワが台に上って、ヤスミンは、まあアメリカの子によくあることなんですが
表彰台の裏からのぼって上位の選手にあいさつしない。
友毬ちゃんも同じように裏から上って立つだけだったんですが、
なんと上位のソトニコワの方から、友毬ちゃんに手を差し出して握手。
なんか、優勝したソトニコワが1番気を使ってるじゃ?ん、って感じでしたよ。

表彰式のあとの写真撮影でも。
3人近寄って立っていてソトニコワが手を振ろうとしたら、
友毬ちゃんの頭にごつんって当たっちゃったんですけど、
うわ?ごめんね!って感じで友毬ちゃんの頭を撫でなでしてたんですよね。
なんか、ふつ?に、いい子って感じなんだよなあ、ソトニコワ。
私的にはタクタミシェワが断然タイプで応援してるんですけど、
こりゃソトニコワも頑張れ?って声援を送るっきゃないなという気がしてきました。

ペアの表彰式では、2位の成美ちゃんたちがどうするかな?と思ったら、
まず優勝ペアの前に進んで握手とハグで挨拶して、それから台に乗ってましたっけ。
さすが成美ちゃん。
3位のカナダペアも、ちゃんと上位の選手に挨拶してから台に上ってました。

そんなわけで、ロシアの国家を二度続けて聴きましたが、
日の丸も二度掲揚されて、見ることができたのでした。

一方、男子シングルのFSは、ちょっと残念な結果になってしまいました。
田中刑事くんに表彰台に乗ってファイナルに進出してもらいたかったんですが…

●男子シングルFSの結果はこちら
●男子シングルの総合順位はこちら


田中刑事くんは、トリプルアクセルが2本ともダブルになってしまいました。
しかも2本目は、2A<<…
スピンもいまいちで、最後は音と演技がずれて終わってしまいました。
ステップはよかったんですが…
どうしちゃったんでしょうね、緊張しちゃった?
SP3位、FSで7位に落ちてしまい、総合で6位でした。残念。

一方の坪井遥司くん。
こちらは3Aは決まったのですが、あとのジャンプが転倒だったり抜けてしまったり…
SP6位、FS8位で総合7位でした。

優勝したのは、SP、FSとも1位だったアメリカのファリス選手。
最初の3A+3Tを決めて、2本目の3Aがお手付きで転倒1でしたが、
あとはジャンプをまとめてきました。
PCSもトップでSSも比較的高いですね?
青いシャツに黒いパンツ、いかにもアメリカの好青年というか好少年。
まあでも、今のところキャラも演技もちょっと面白味に欠けるかな…

2位は、SP4位、FS2位だった、ロシアのザン・ブッシュ
こちらは、金髪にロシアらしい華やかな衣装で王子様風。
3Aはダブってしまいましたが、3F+3Tを決めて、目立ったジャンプミスはなし。

3位は、SP2位、FS3位のカナダのファイラス選手。
えっと、彼はまだ3Aの無い選手だったかな…
転倒1、3Lz+3Tを決めましたけど、ジャンプはおっとっとという感じのが多かった。
キスクラでちょっと落ち込んじゃってました。

この他に気になった選手はというと、
4位のアメリカのティモシー・ドレンスキー選手。
長身の選手なんですけど、つなぎにスパイラルを入れたり、
ツイヅルを入れたり、ちょっと目につく演技をしてました。

う?ん、みんな頑張ってるのに勝手なことを言ってしまうけど
男子ジュニアって、個性的で印象に残る子が少ないですね?
残すところ、ドイツ大会、チェコ大会なわけだけど、
男子も、もう少しはっちゃけて面白くなってほしいなあ…

●アイスダンスSDの結果はこちら
●アイスダンスFDの結果はこちら
●アイスダンス総合順位はこちら


アイスダンスは、全カップルを観たんですよ?
綺麗な子たちが綺麗な衣装で滑ってくれるだけで
観ていて楽しいことは楽しいんですが…
私にあまりアイスダンスを見る目が無いせいでしょう、
鮮明に記憶に残ったのが、ぶっちぎりで優勝したモンコ/ハリアビン組だけ。

特にSDは、ほんと観たら忘れられないプロですよね。
エディット・ピアフの「Padam、Padam、Padam? 」という歌声にのって
(私にはこれ、パラン、パラン、パラン?♪と聴こえる?)
ディープエッジで滑るふたりの姿がまぶたに浮かんじゃう。
オーソドックスなソシアルダンスっぽい衣装が多い中で
クセニアの着る、大きなドットの、黒、赤、白のコスチュームも鮮やかでした。

イギリス大会のSPの動画が無くて、ルーマニア大会のものはブレブレなので
ロシア・テストスケートのモンコ/ハリアビン組SD動画↓
Монько-Халявин, 18 сентября 2010

で、このイギリス大会のSDの得点が65.12!
プロトコルを見てみると、
SlLi4
STw4
VW1Sq4
VW2Sq4
NtMiSt4

とまあ、オール・レベル4というすごい内容でした!

このカップルのFDも、もちろんよかったんですけどね、
SDと比べちゃうと、ちょっとインパクトが無いかな…
ちなみにFDの曲はスパニッシュっぽいヴォーカルで
クセニアちゃんの衣装もフラメンコダンサー風だったんですが
バイオによると、映画「フリーダ」のサントラのようです。

モンコ姉妹の妹であるクセニアちゃん、どんな子かな?と思って
キスクラでの様子を見てみましたが、にこにこと穏やかな感じの黒髪美人さん。
頬がふっくらしてるところが、ちょっとスルツカヤに似てるかな?と思いましたよ。
10/03 | フィギュアスケート
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。