follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
JGP日本大会 庄司理紗優勝
FH010027 (2)


庄司理紗ちゃん、SPで3S+3Tを
FSで2A+3Tを成功させて優勝!
(続く)
(※SPの結果の後に、FSの結果を追記で大幅加筆してます)

軽井沢での日本大会、
登録されてたロシアのオフチャロワがエントリーを取り消したので
とりあえずロシア娘の4連勝はないのかな?という感じで。
それなら、日本の三人娘に頑張ってもらいたい!と思ってたのでした。
國分紫苑ちゃんは、ここでも表彰台に乗ればたぶんファイナルに進めますし、
毛間内かれんちゃんと庄司理紗ちゃんは、ノービスの頃から評判だったふたり。
ふたりとも3?3持ちでトリプル5種持ち(エッジが多少微妙だそうですが)
というので、ちょっとワクワク楽しみにしてたのでした。
●女子シングルSPの結果はこちら

日本の1番手のかれんちゃんは、
現地の実況さんによると(ありがとうございます!)3Loと2Aは決まったのに、
練習で成功してた3T+3Tが3T単独になってしまったそうで、SP8位。
3?3決まらず残念ですが、フリーで強いタイプだそうなので
巻き返してくれると期待してます。
曲目はバイオによると、「Gremlins」。って映画のあのグレムリンでしょうか?

2番手の紫苑ちゃんは、3F2T、2Lo、2Aでループがダブッた?
それでも5位で、最終グループに入ってきてくれました。
SPのプロは「サユリ」だったんですね?
観てみたいな?
フリーは「ラプソディー・イン・ブルー」、
伸び伸び滑って、ぜひぜひ表彰台を目指してほしい。
目撃情報が無いけど、今日は歌子先生もいらっしゃったのかな?

3番手の理紗ちゃん、3?3決めてくれました!
プロトコルが出てないので加減点は解りませんが、すごいです?
まあぶっちゃけ、ソトニコワ選手の3Lzs+3Loやガオ選手の3F+3Tに比べたら
3S+3Tはそんな驚くような3?3ではないけど
でも、今の女子シニアを見渡すと、回転不足を厳しくとられるようになってからは
3?3を決められるってことはほんと貴重なわけで、
日本のジュニアからも3?3を決められる選手が出てきてくれたのは
と?っても喜ばしいことです。(あ、去年ジュニアで佳菜子ちゃんが3T+3T跳んでました)

ただし、理紗ちゃん、トリプルループは転倒。
それでも、TESもPCSも1位ってすごい?
プロは禁止曲として有名なビアソラの「リベルタンゴ」byみやけん振付。
日本では鈴木あっこちゃんのプロとして知られてるこの曲をあえて選ぶくらいですから
けっこう魅せられちゃう選手なのかな。
3?3が跳べて、魅せることができて、しかも、美加点のもらえそうな美人さん…

14歳を美少女ではなく美人さんというのも何ですが、写真を見たら美人さんで。
SPの写真はタンゴに合わせて特に大人っぽいんだと思いますけど、
わ?雰囲気あるわ?という感じなので見てみてください→こちら

それにしても、理紗ちゃん、
ず??っと、日本スケート協会のプロフィール写真を見続けて
小さな可愛い少女だと思ってたのに、すっかり成長していたのね…
プロフィール写真の理紗ちゃんはこちら

(とにかくね?、話が脱線しますが、日本のノービスは"つちのこ"と呼ばれちゃうくらい
幻の存在で目にすることができないんですよね。
そりゃ、試合をちゃんと生観戦してるファンは知ってるんですけど
なにせ日本では試合での写真・動画が禁止。
動画がばんばん出回るロシアに比べれば、ノービスの子の情報はと?っても少ない。
せめて"つちのこ"たちが希少動物くらいになったらいいんですけど…)

産経ニュースの記事「庄司が女子SP首位 ジュニアGP第1日」
(※国分紫苑ちゃん、毛間内かれんちゃん、中村健人くんの写真にもクリックで進めます)

スポニチの記事「2連続3回転も決めた!庄司、鮮やか国際デビュー戦」

記事によると、理紗ちゃんの憧れの選手は、荒川さんなんですね?
なんかそれって嬉しいな?
そういえば、理紗ちゃんはオーバータイツじゃなくて白い靴を見せてますね?
それも嬉しいかも。
それからバイオ眺めてたら、理紗ちゃんの趣味は手芸ですって!
紫苑ちゃんは、音楽。かれんちゃんも音楽だ?

なんか日本の選手のことばかり書いてしまいましたが、
ネーバルホルン杯に続いて書いてるので急にどっと疲れてしまったので
あとはざっとですみません。

女子の2位は、去年たしかジュニアのファイナルに進んだアメリカのキリ・バガちゃん。
パーソナルベストが146.98ですね。
3位はやはりアメリカのアンジェラ・ワン選手。
4位の中国のKexin ZHANG選手もななか強そうで、
日本娘たちとフリーで表彰台を争うのはこの辺りでしょうか。

(あ?披露疲労困憊もう限界だ…)
男子は結果だけ。8位の健人も、11位の日野くんも、21位の中村智くんも頑張れ?!
●男子シングルSPの結果はこちら

(※ここから追記)

男女シングルのFS終わりました。

●男子シングルFSの結果はこちら
●男子シングル総合順位はこちら


優勝ははアンドレイ・ロゴジンくん。JGPフランス大会でも1位だったので
たぶん第一号でGPF行きを決めましたね?
カナダの選手ですが、ロシアからの移住だそうで、だから名前もアンドレイ…
3A+3T、3A、3S、3Lz、CSSp4、3F、3F+2T+2T、SlSt2、1Lo、FCCoSp3、2A+2A+SEQ、CCoSp3
3Aを2回クリアに決めて加点ももらって、前半のジャンプがよかったのかな。
後半ちょっとミスがあったみたいですが、TES1位PCSも2位。

SP1位、FS5位で総合の2位になったのは、アメリカのマックス・アーロンくん。
彼はフランス大会で3位だったので、ファイナル行きのチャンスはまだありそうです。
それにしても、今年のJGP、アメリカの選手が2位というのが
男女ともにめっちゃ多いですね?

同じくフランス大会2位で表現面で期待してたアメリカのジェイソン・ブラウンくんは
ジャンプの回転不足の減点がかさんだりしてTESが伸びなかったようです。
それでもPCSはダントツで抜けてるんですけどね?
6位に終わってしまって残念。

で、おお?という感じなのが、SP3位FS6位で表彰台に残った
カザフスタンのアブザル・ラキムガリエフくん!
彼は日本のスケートファンにはおなじみの選手なんですよね。
だって角刈りの頭にぴたぴたど派手衣装で、
一度見たら絶対に!忘れられない選手なんですもん。
今回はあのヘアスタイルが変わっちゃったかもしれませんが…
バイオの情報が古いままなんですけど、たしか今季の振付はモロゾフのはず。
同じカザフのデニス・テンくんはもうシニアですが、
将来は二人がカザフをしょって立つ良きライバルになるような気がします。
男子の表彰式の写真が出ないかな?彼を見てみたいな?

日本の選手は、中村健人くん9位、日野龍樹くん12位、中村智くん18位…
日野くんはジャンプけっこう頑張ったんですけど、PCSが低い…
健人はジュニアは今年で最後でしたよね、たぶん。
来年はシニアで大丈夫かな?って心配になってしまいます…
長い目で見てあげなくちゃ、という感じの選手なのかもしれませんが。

●女子シングルFSの結果はこちら
●女子シングル総合順位はこちら


庄司理紗ちゃん、優勝おめでとう?!
SP1位、FS1位、TESもPCSも1位のパーフェクトな優勝でした。
3Lz   e
2A+3T
3F<
FSSp4
SlSt3
3Lo
3Lz<+SEQ e
LSp33S
3T+2T+2T<
CCoSp
刺さったりeがついたり転倒1だったりしてますが、
とにかく5種トリプルが揃った構成は壮観です。
2A+3Tの点が高くて、セカンド3T持ちは強いですね?
それからPCSが高いです!
6.18 5.89 6.14 6.18 6.18
彼女はスケートの伸びる選手と聞いてますが
その評判通り、SSは出場選手で唯一6点台の評価をうけてます。
理紗ちゃんの憧れは荒川さんなんだそうですが、
SSがいい、という点では立派な後継者なんですね。
その滑りっぷりを早く動画で観てみたいものです。

メダルをかけた庄司理紗ちゃんの麗しい写真はこちら

産経ニュース「庄司、初出場で優勝の快挙 スピード乗り、しなやかに」

SBC信越放送のニュースで演技の一部分ですが動画がきました!
「ジュニアフィギュア・14歳の庄司が初出場で優勝」

理紗ちゃんのことが長くなってしまいましたが、
理紗ちゃんと同じく期待されてた毛間内かれんちゃん。
彼女は実力が発揮できなくて悔しかったでしょうね。
フリーでの挽回も十分可能で、6分間練習では3T+3Tも決めていたそうなんですが、
3T+2T、1Lo、2Lz+2A+SEQe、FSSp3、2F、3F+2T+2T、1S、LSp2、CiSt2、2A、CCoSp1
という内容で、SP8位、FS9位、総合8位という成績に終わってしまいました。
もう一度派遣されると思うので、そこで頑張ってほしいです。

國分紫苑ちゃんは、
3Lz+1T<< e、3F、3Lo、FCSp4、2A、3F+2T、2T、2A+2T、LSp3、SlSt2、CCoSp4
フリップは2回とも決めて、ルッツはエラー
スピンでレベルを取れている一方、ステップでの転倒もあったりしました。
SP5位、FSも5位の総合5位で表彰台にはもう一息だったかなあ。
ファイナルへの切符は手にすることができなくなったかなと思いますが
これからも紫苑ちゃんを長い目で見ながら応援していこうと思います。

アメリカのキリ・バガちゃんは、
ルッツ、フリップを含めたトリプル4種を入れてきました。
去年よりジャンプのレベルを上げてきたみたいで、確実に成長してるんですね?
SP、FSともに2位で総合2位になりました。
キリ・バガちゃん、フリーのプロが「道」なんですよね?
10月10日にSBC信越放送が1時間くらいの番組をやるのですが、
ぜひ日本選手だけじゃなくてキリ・バガちゃんの「道」も放送してほしいです。

(これでジュニアグランプリで「道」を滑ったのはふたりとひと組。
そうそう、日本大会男子シングルSPで、香港のHau Yin LEEくんが
高橋大輔選手の昨シーズンのEX「Luv Letter」を滑ったそうですよ?
バイオだと「Love Letter」になってますけど。
なんかファンの贔屓目なんでしょうけど
オリンピックやワールドで高橋君があたえたインパクトって
私たちが思ってる以上に大きかった?なあんて思ってしまいます)

中国のKexin ZHANG選手は、3T+3Tを決めて、ルッツも正しく成功させてますね?
TESもPCSも揃えて、SP4位FS3位で総合3位になりました。
中国の女子は、JGPで2週連続、表彰台です。

●アイスダンスの総合順位はこちら

ロシアのカップルどうしで、逆転劇があったんですね?
SD2位FD1位のAlexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN組が優勝。
SD1位FD2位のEkaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO組が
なんと0.27ポイントという僅差で2位になりました。
これは絶対どちらのカップルの演技も観たいけど、1時間番組では期待薄?
日本の小松原/水谷組が頑張って11位でしたけど、こちらの方が放送されるかも。
あ、優勝のブキン組は、ファイナル進出を決めたようです。

※追記:優勝カップルと日本のカップルの欠片の演技が、
アイスダンスについて伝えたニュースで観れます?!
YouTubeにあげてくださった動画主さま、ありがとうございます!
SBC放送ニュース
09/25 | フィギュアスケート
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。