FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
2009 フィギュアスケート世界選手権 男子シングル
IMGP8599x.jpg


今年のワールドは、高橋選手がいないことを思うと
つい、寂しくなってしまいますが。
気を取り直して男子シングルを振り返った感想を…
(続く)
優勝したライサチェクには、素直におめでとう?って思います。
去年はケガだったし、今シーズンはジャンプのダウングレード判定で苦しんでたし。
地元で優勝できてよかったねって。

でも、印象的だったのは、ジュベでしたね?
たとえ、最後最後の2Aで転んでカエルのようにべちゃっと這いつくばってしまっても、
そのあとのスピンがヘロヘロでも、
演技が終わったあとのジュベには、"敗者の美"がありました?

ジュベのマトリックス・リローデットのプログラムは昔から好きなんですが、
昨日のフリーの前半、ほんと迫真の演技でしたし。

ジュベと同じく4回転を鮮やかに決めたベルネルも、
前半はほんといい演技で魅せられてしまいましたが、
後半は3回転が2回転になってしまって、せっかくタンゴの素敵なプロだったのに、
もうヘロヘロでグダグダ。

4回転をもっていながら回避したライサが優勝で、
4回転をもってないチャンが2位。

対して、4回転を跳ぶジュベが3位で、ベルネルが4位。

4回転なし組と、4回転組で、明暗の分かれたような1?4位を思うと、
今回は、ついつい4回転がんばった組に気持ちが傾いてしまいます。

特に、試合前のジュベとチャンの舌戦
(4回転を跳ばないで優勝することを非難気味のジュベに対して、
スケートは4回転がすべてではないとチャンが応酬)を思うと、
キスクラで絶望の表情を見せ、表彰台では悄然としてるような
ジュベの方に肩入れしてしまいたくなる…

本来は、チャンみたいな滑りのいいスケートが好きなんですけどね。

そのチャン、今シーズンの笑っちゃうくらいだった加点の嵐こそおさまってましたが
いい時は、もう観てるだけで鳥肌の演技をするひとなので、
今回のフリーは、スタオベするほどじゃなかったかなという印象でした。

そして、今度の世界選手権のフリーで、一番心が震えたのは、小塚選手の演技でした。
こづ比では、ちっともいい滑りじゃなかったんですよ。
ジャンプは全然余裕が無くて、ランディングも詰まり気味で、
いつもの伸びやかさもそんなには見られなかったし。

でも、高橋君のいない今大会、3枠取らなくちゃと
自分で自分を追い込んでいた、小塚選手。
そんなに一人で枠取りの責任感に縛られなくていいから、
自分の最高の演技を目指せばいいから、とはらはらしてましたが、
緊張と重圧のピークで精一杯の戦いをしているような演技が、
ジュリエットを思うロミオのひたむきさに重なるような気がして、
つい胸がキュンとしてしまいました。

こづの切ないイーグル、ずっとずっと観ていたいほどでしたよ。
地味でもいい、華がないといわれてもいい、
このまま伸びてさらに高いところを目指してほしいと思いました。

今シーズンのEXプログラムも地味なんだけど、
こづの魅力がキラリと光るプログラムだったので、
今大会で観れないのは残念でしたね?(エキジビションに出場するのはたぶん5位まで)

で、今大会の最大のサプライズは、
何といってもショート17位、フリー6位で総合8位になったカザフスタンのデニス・テン。

YouTube「Denis Ten LP WC」
まだ15歳でこの演技!と驚くばかり。

もう、あちこちで、デニス・テン、取り上げられてますね?
残念ながら、彼、手足がちょい短いし、お顔も王子様系とはいえない…
でも、背はまだ伸びるかもしれないし、一流になればちゃんといい顔になるもの。
曲をとらえて踊れる選手のようなので、今後に期待ですね。

>@nifty:Sports「男子シングル終了、デニス・テン8位 奇跡のデビュー」
03/28 | フィギュアスケート
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved