follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
デンマーク×日本 W杯・しょうもない雑感?
IMGP4876.jpg


いや?、ジャブラニが今大会のボールでよかったんじゃない?
なあんて今までさんざんジャブラニのことを悪く言っておきながら
掌を返すようなことを言ったりして。

でも、FKを決めたのって、今のところ確か韓国と日本くらいじゃ?
あの軽?いボールをゴールマウスに沈められるのは
もしかして器用なアジア人が有利とか?
それにしても、無回転系の本田とカーブボールの遠藤、どちらも美しかった?!
追記:ノーバウンドのFKは、今のところ日本だけという話もあります。
ボールはそこそこの重さはあるのだけれど、
スイートスポットが広くて軽く感じるという説も。

(続く)
なんかもう、試合中で一番心配だったのは、イエローカードをくらうことでしたね。
主審は南アフリカの方でしたっけ、
悪いけど、やたら笛を吹き過ぎで、あれではJリーグの審判以下だったかも。

遠藤と長友が次々と遅延でイエローにされた時は
いったいこれからどんな試合にされてしまうのか青くなりました。

まあ、日本もPKとられたけど、長谷部の明らかなハンドもとられなかったし
FKもこの審判にもらえたわけだから
結果オーライかもしれないけど。

PKの2点だけじゃなく流れからの3点目もとれてよかった。
岡崎、持ってないと言ってゴメンネ。
でも、あの最後の1点は、
本田の「岡崎にも取らせよう!」ってな意志が感じられましたよね。

やっぱり「持ってる」のは、最初の1点目を決めた本田か。
本田ったら、あまりにアドレナリンが出過ぎで、
もうどっかいっちゃってる顔してましたよね?
あそこで、あの無回転のFK。世界のひと、観てくれた??って感じでした。
ギラギラしてた試合中とは対照的に、試合後のインタビューでは
ほんとは嬉しくてたまらないくせに、無理して淡々としてましたっけ。

"ヤット"こと遠藤は、ほんとよかったね?
ヤットというと、2005年のナビスコ杯の決勝で
得意のPKを失敗してしまった姿が忘れられません。
それから、2006年に、原因不明の(たぶん極度の疲労が原因)の肝炎で
ずっと入院してた時も思い出されます。
今シーズンも、JリーグとACLの掛け持ちで体調悪そうだったのに
W杯が始まってからは、コンディションが上がってきたみたいで…
実は、1試合目のカメルーン戦も、2試合目のオランダ戦も
チームで走行距離が1番長かったのは遠藤だったんです。
遠藤が誰よりも走っていたというのにはほんと頭が下がりました。
でもね、FK決めて投げキッスしてたのは君には似合わないよん?

今日の萌えどころ
・FKの壁になった時にデンマークの選手より頭ふたつ小さかった阿部ちゃん
・勝った後に輪になって踊る選手たちの中心で音頭をとるイナ
・試合後に肩を組む、仲良しの大久保と松井
・試合後に抱き合う闘莉王と中澤
・日本ので応援してるひとに、「睡眠不足だと思うから寝てください」と言う本田
・遠藤が点を入れる夢を見たという今野


阿部ちゃんのインタビューの画像、観れました。
勝った時の気持ちを聞かれて
「まわりを見たらみんな喜んでるので喜ばなくちゃと…」って!
ほんと、そのマスコミ受けしないリアクション、いいよ、いいよ?

あと、その他の試合については 

ポルトガル×北朝鮮
北朝鮮がサンドバッグ状態?
え?ん、もうやめたって?と思いながら観てました。
北朝鮮がフルボッコにされて泣けたのって
テセの所属するわが川崎Fのサポと
アン・ヨンハのいる大宮のサポくらいなのかな…
(試合が終わった後に、スタジオにいた自称サッカー通の女優の
「こんなにいっぱいゴールが観れるなんてたまりません♪」
のひと言には、ついイラッとしてしまいました)
それにしても、北朝鮮はぷっつり切れちゃったなあ。
切れても悪質なファウルとか無いところが北朝鮮らしかったのでは?

チリ×スイス
とにかく、サウジの主審がダメダメ。
堅守のスイス、ベーラミが一発レッドカード退場で10人に。
一方的に攻めるチリと守るスイス。
クロスのボールをヘディングで叩きつけた1点を決めたチリの勝ちだったけど
いいチーム同士のせっかくの試合が審判の笛のせいで台無しだった感じ。
次の試合でチリはスペインを倒して
スイスはホンジュラスを倒して、どっちも決勝Tに進むといいなと思う。

フランス×南アフリカ
この試合もフランスのグルキュフが一発レッドカード退場。
前半は、南アフリカがここで勝ってさらに
得失点差をひっくりかえして決勝Tに進むかという勢いだったので
結局予選敗退だったけど南アフリカの人も誇りに思ったのでは…
自分的にはメキシコが決勝Tに進んでほしかったのでやれやれ。
フランスでは、シセのやりきれなさそうな表情が印象的でした。

スロベニア×イングランド
追記:この試合、今までと何か違うと思ったら、
ブブゼラの音よりかイングランドサポーターの歌う
"ゴッド・セイブ・ザ・クイーン"やチャントの方が聴こえてくる!
さすがという感じの、サッカーの母国の応援です。

イングランドも嫌いじゃないけど、あまりにも地味なスロベニアの方をついつい応援。
てかサッカー大国イングランドはみんな応援してるだろうからと小国を応援してみる。
いや?、スロベニア、頑張ったんだけど。
同時開催のもうひとつの試合で、なんとロスタイムにアメリカが得点!
行けるはずだった決勝Tへの扉がロスタイムで閉ざされてしまうなんて
スロベニアの選手が気の毒で観てられませんでした。
なんとC組の1位はアメリカになって
2位のイングランドは決勝TでD組1位のドイツと対決。
これは面白いカードになりました?

スロバキア×イタリア
前半、ガットゥーゾが観れたけど、攻撃も守備もちぐはぐなまま。
カンナバーロも、中東行きが決まったりして、急に衰えちゃったのかな?
後半に1点返してからのサッカーを最初からやってくれてたら…
ま?、このまま観れないままかと思ったピルロが少しでも観れたからいいとするか。
ピルロも、3日前からやっとボールに触ったばかりというコンディションでは
キレは無いわ、ミスはあるわグダグダでしたけど
ミーハーの贔屓目には、まるで傷ついたライオンの戦いを観てるように映りました。
最後はさすがイタリア、魅せてくれた?
ベンチのブッフォンが熱くなってるシーンも観れました。
まあ、イタリアの予選敗退は予想できてたし、仕方ないでしょう。
ピルロもブッフォンも、イタリアのマスコミに容赦なく叩かれちゃうのかな…
スロバキアは若々しいチームで本来なら今後応援するところなんだけど
露骨な時間稼ぎをするGKに何度もムカついたので応援しない?
06/25 | サッカー&サッカー
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。