follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
松崎ひとめぐり  vol.20
C84030012.jpg


松崎の最後の一枚は
やっぱり、ときわ大橋の写真にしてみました。
自分では、このHOLGAで撮ったときわ大橋が一番好きかな。
なまこ壁が、レースのリボンみたく見えるので…

閉めっぱなしだったので、
今度は開けるのも気が引けてしまうコメント欄。
よかったら、松崎の感想をいただけたらと
久々に開けてみました。よろしくお願いします。
04/23 | 春の伊豆をゆく | CM:18
松崎の旅、堪能させて頂きましたー♪
下方が広く写ると言うことですが、場所の魅力なのか、逆に写真から空の広さを感じるような気がします。ホルガの魅力かも知れませんが、写らないから写るモノというのは確かに存在しますよね。

ところで、最後の写真が見られない・・・(^_^;)
お久し振りです、ご心配おかけしました。

西伊豆の松崎は一度行ってみたかった町で、うれしく拝見しました。
お花の咲く路地、なまこ壁、タイルの床屋さん、素敵なものが沢山・・・。
最後の1枚が特に好き、日本にこんな風景があったんですね。
「セカチュー詣で」まだやってる人多いですか(笑)。
あれ観てなくて、撮影は四国だと思っていたので、帰ってから知りました。
僕が行ったのがちょうど4年前のGW。AZUKIさんもその頃ですよね。
なまこ壁が目的で行ったので、それ以外の魅力に気がついた時には手遅れで
もう帰る時間。早朝、港に車を停めて町をぐるっと回っただけでした。
でも写真を拝見して思い出しますよ。海の方をもう一度歩いてみたいです。
確か橋のたもとの妙に綺麗なvol.13の家の道を歩いて海に出たと思います。

本当に良いですよね、この松崎の定規を当てれない風景(笑)。
ずっと再訪を望んでいたのに、先を越されてしまいましたね。
確かここの国民宿舎って
日本で一番予約が取りにくいことで有名でしたよね。
分かる気がするな。

だいたいうちの近所の「街」というと
スタバか、タリーズか、ドトールのうちの
いずれか、もしくはいくつか、
マックか、ケンタか、ミスドのうちの
いずれか、もしくはいくつか、
吉野家か、松屋か、すき家のうちの
いずれか、もしくはいくつか
HACか、セイジョーか、トモズのうちの
いずれか、もしくはいくつか…
みたいな感じで構成されていて、
ぱっと見た目はどこも似たり寄ったり。
その中で何がその街を個性づけているかといえば
やはりその街にしかないものの存在ですよね。
その点、松崎は
松崎にしかないものばかりのように見えます。
いつか行ってみたいです。

正直なところ松崎という町には何の興味も湧かないんですけど、
写真から伝わる情景には心和まされる雰囲気がありますね。

一眼レフの写真はそれほど惹かれないので、それはHOLGAのなせるものか、
はたまた切り取る風景がよいのか・・・

兎に角楽しませていただきました!☆
ぼうしゃさん、コメントありがとうございます。
最後の写真、見れるようになりましたでしょうか?
>下方が広く写る
というのは、vol.1からvol.12のVivitar Ultra wide&slim なんですが、
つまり、おもちゃのカメラなもので、
ファインダーが適当でいい加減なんですよ^^;
HOLGA135で撮ったのが、vol.13~20です。
空が広い、それは確かに現地で感じました。
たぶん、海岸に立つ松崎プリンスホテルが
唯一の高い建物じゃないかと思うんですが、
ビルの無い街だから、松崎の空は広いんでしょうね。
lucca-truthさん、コメントありがとうございます。
わあ、お忙しいのに、松崎の写真見てくださったんですね^^
心配してたんですけど、おめでたい理由と解って、ほんとによかったです。
お宮参りはまだ先ですか?
あ、男の子ちゃんなら、きっと鎧兜を飾ってらっしゃるかもしれませんね^^
赤ちゃんに優しいぽかぽか陽気になりますように。
luccaさんもお元気で。
やっとかめさん、コメントありがとうございます。
早速見てくださって、感謝です^^
セカチュー・ファンは、相変わらず熱いみたいですね^^;
松崎自体では、ロケ隊の写真を飾ってる商店が1軒あったのと、
ロケ地マップが用意されてるくらいなんですけど。
「松崎」でブログ検索すると、松崎詣での写真が山のようにhitして、
すご~いって感じです^^;
松崎滞在、やっとかめさんと状況が似てるんですよね。
私も、1回目に松崎を訪ねたときに、全然時間が無くて。
もっと歩き回りたいのにと後ろ髪を引かれながら、街をあとにしたのでした。
2回目は、1回目よりのんびり歩けましたけれど、それでも足りない気がしてます。
やっぱり、伊豆の他の場所に泊まるんじゃなくて、
松崎に宿をとらないとダメかもしれませんね^^
松崎で夕暮れを見て、松崎で朝を迎えて…
そうしないと、あの街の空気をちゃんと味わったことにならないような…
ドラマに嵌ってもいないのに、なんで松崎がこんなに気になっちゃうんでしょうね?
morning starさん、コメントありがとうございます!
海があって、山があって、川が流れてて、
あとプラスアルファの街の匂いみたいなもんがあるのかな。
そうそう、県道沿いにはコンビニがありました^^
ここに無いものは、マックもドトールもすき家も無いんですけど、
とにかく、ビルそのものが無いですね~
ちなみに、わが最寄の駅の玉川学園前駅には、
マックとすき家しかありません^^;
以前ミスドもケンタもあったのに、学生さんがとにかく長居するもんで、
とっとと撤退してしまいました^^;
ドトールはあるけど、分煙なんかしてないので、喘息の私は入れない~^^;
けっこう何も無い街に自分が住んでるかもしれません^^;
Takuyaさん、コメントありがとうございます。
相変わらずの面白いコメント。ニヤニヤしてしまう^^
>一眼レフの写真はそれほど惹かれないので
そうですか~^^;
正直、自分自身が一眼レフの写真の出来上がりがつまらないと思っていて、
全面的にトイカメラにしてしまおうかどうしようか、優柔不断な状態なのです。
でも、このフィルム一眼レフは、3代目で、中古でいい状態で買って、愛着があって…
シャッターを切る快感なんかもあって、捨てきれないんですよね…
おっと、つい自分語りになってしまいましたが、
兎に角楽しんでくださって、感謝です^^
松崎…海が間近の小さな町ですね…
トイカメラがいい味出しています(^^)/
「ぎょきょう」はホントに水族館みたいですね~(*^_^*)
ずぅさん、コメントありがとうございます!
ご無沙汰してしまってます^^;
港と川のある小さな町、お楽しみいただけましたか^^
>トイカメラがいい味出しています(^^)/
そう言っていただけると嬉しいです!
ぎょきょうは、現像からあがってきて初めて
漁協だったことに気付いたんですよ~^^;
おはようございます。
松崎の風景、楽しませていただいてます。
どこかローカルな漁港の雰囲気、看板がいいですね。
vol.6、大好きです!美しい色彩の路地ですね。
そして13,14のナマコ壁の風景がたまりません。16も素敵です。
この辺りは古くて味わい深い建物が残されているのですね。
そして最も目を奪われたのが岩科学校の天井絵と鶴の間のこて絵の美しさ
この色合いは本当に素晴らしいですね!
棚田の風景に思わず深呼吸したくなります。
その心地よい空気が伝わってくるような一連の作品ですね。
igu-kunさん、こんばんわ。
松崎の風景、見ていただいて感謝です^^
なまこ壁はぽつぽつとありますが、
基本的に何気ない素朴な小さな街です。
岩科学校も長閑な田園風景を眺めながら訪ねました。
棚田は、天気が良ければ
はるか眼下に海を臨むことができたんですけど…
あいにくの雨で残念でした^^;
ご無沙汰です!
久しぶりに自分のBlogみました!(笑)

で、このヨイカナBlogも久しぶりです。
伊豆の石部ですか。初めて聞いた地名です。
落ち着いたいいところですね。人住んでるのかな??

和歌山にも、こんなとこ、いっぱいあります。
ゆったりとした春を感じる写真です。

miruwankoさん、お久しぶり^^
返信が遅くなってしまって、スミマセン。
ブログの再始動、お待ちしてましたよ。

西伊豆は、和歌山に通じるとこがけけっこうあるんですよ。
>ゆったりとした春を感じる写真です。
ありがとうございます。
春の歩みが遅かったのに、いきなり初夏になってしまって、
季節に追いつくのにゼーゼー息を切らしちゃってます^^;
レンゲやスミレの頃の谷戸田もいいもんですよ。
雑木林の中にもいろいろ咲いてますし。
ふぉるまさん、コメントありがとうございます。
ゴールデンウィークでも
レンゲはまだ咲いてましたよ^^
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。