follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
湯浅   vol.15
C74030002.jpg


この辺りが重伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)の入り口でしょうか。

あと2、3回、湯浅の重伝建エリアの写真をご紹介しますので
どうぞもうしばらくおつきあいください…
01/13 | 湯浅・御坊 | CM:8
1番の駅舎の窓からの写真すてきね、
1番を拝見した時から、
どんな街かなと続きを楽しみにしてました。
みかん問屋さんがあるのね、どの店もいい雰囲気ですね。
7番の看板建築面白いですね。
せいろミュージアムも面白いですね、
湯浅の町並み、近くなら訪ねてみたい街です。
こんにちわ。
湯浅の街並みの懐かしさに癒されました。
昔のままの空気にゆったりと流れる時間を感じました。
ミカン問屋さんの佇まいが何とも印象的です。
vol.7の建築、そして銅張りの駄菓子屋さんもいいですね!
vol.14、屋根のある通りの風情が堪りません。
vol.15は壁の質感が素晴らしい1枚、好きなフォトです。
せいろミュージアムも楽しいですね。
ひとつひとつ、眺めながら歩いてみたくなりました。
lucca-truthさん、コメントありがとうございます。
>1番を拝見した時から、
どんな街かなと続きを楽しみにしてました。
そう書いていただいて、とても嬉しいです^^
ほんとに行きやすい場所でしたら、
湯浅はのんびりした空気があっておすすめの街なんですが…
そういえば、luccaさんにも、妻籠、奈良井、佐原、川越などなど、
あちこちの重伝建地区をご紹介いただいてますね^^
igu-kunさん、こんばんわ。
>昔のままの空気にゆったりと流れる時間を感じました。
ほんとに驚かされたのは、一昨年に訪ねてから2年の月日が経っているというのに、
湯浅の街は何一つ変わっていなかったんですよ。
まるで時の歩みが遅い街のように感じました。
重伝建地区に指定されてない辺りは、
ちょっと下町のような親しみも感じたりもしました^^
上の土壁は、ちょっといいですよね?
igu-kunさんに見ていただけて嬉しいです。
人間があまりうつっていないのもあるかもしれませんが、ひと気がないのにそれ以上に人の生活のぬくもり感がある街のような印象です。熊野古道に隣接してるのですね、だから街に歴史的な重みもある感じもしますね。

ホルガもいいなあ・・・
ぼうしゃさん、コメントありがとうございます。
人がいないのは、半端ない寒さだったので^^;
北国に比べれば気温4℃風速10mは何てことないんでしょうが
みんな家から出ないような天気でした。
ここは街おこしに「せいろミュージアム」を企画したりしてるんですが、
それでも観光地っぽくすれてないところがよかったです。
ぼうしゃさんのおっしゃる通り、人の生活の温度を感じさせる街でした。

ホルガの写真見てくださってありがとう。
別のトイカメラも買ってしまったんですよ。
失敗多いのが辛いですが、今はトイカメラばっか撮りたい気分です^^
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさん、コメントありがとうございます。

クエはまだ食べたことないんです。
地元の食卓には上がらない高級魚なんですよね^^
梅干しはもちろん南高梅です。
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。