FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
続、やっぱり撮っちゃいました。
IMGP1262.jpg

点々と赤いのは、ポピーの花です。

ここのラベンダーは、まだフレッシュでした。
きれいでしょ?
でも、期待していたような香りはないんですよ…。

美瑛 拓真館のラべンダー畑にて
09/05 | 北海道:美瑛~富良野 | CM:5 | TB:0
ポピーの水玉模様がとても可愛らしいですね。
ラベンダーの紫とよくマッチしているなぁと・・

60年代の富良野ラベンダー事情、勉強になりました!
その頃のラベンダー畑はさぞ凄い景観だったんでしょうね。
ラベンダー畑が見たくて上富良野に寄ったんですが、
やっぱりこの品種ばかりでした。
イングリッシュラベンダーはあまり栽培していないんですね。

いえいえ勉強なんて(^_^;)
富田忠雄さんの本のほとんどぱくりでスミマセン。
最盛期の富良野に漂っていた香りを体験するのは無理にしても、
景観を写したカラー写真は見てみたいです。
60年代の終わりって、カラーフィルム普及してましたよね?
もうほんと品種のことは解らないので、
本を丸写しにすると、
北海道のラベンダーは、昭和12年に、
フランスのプロヴァンス地方を原産とするトゥルーラベンダーの種を
日本に持ち込んだことに始まり、
品種改良を重ねて、3種類の優良品種がつくられたそうです。
それが、早咲きで深みのある香りの「ようてい」と、
中咲きでラベンダーの典型的な香りを持つ「おかむらさき」と、
遅咲きで爽やかな香りの「はなもいわ」だそうです。
でも、今は、丈夫で紫色を長く楽しめる「濃紫早咲3号」が
主流だそうです。
…少しはふぉるまさんの役にたつ情報、あるといいんですが。
役に立ちました。
濃紫早咲3号というんですか~
一応イングリッシュ系なんですね。
行ったのが7月の半ばぐらいで、
他の品種はあってもまだ咲いてませんでした。
いかにも観賞用って感じでしたね。

どこかにメモっておかねば。
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
http://yoikana.blog8.fc2.com/tb.php/180-286154b3
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved