FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
民芸店「ききり」の手鏡。
IMGP2138.jpg

川湯温泉駅の素晴らしさを知ることができたのは、
もともと、民芸店「ききり」を訪ねて川湯温泉に寄ったことが
きっかけでした。
その嬉しい偶然を運んでくれたのが、この木彫りの手鏡。
これが雑誌に載っていたので、わざわざ川湯までやってきたのです。
幸運の手鏡?
パープルの他に、ショッキングピンクやエメラルドグリーン、ブルーの
それは鮮やかな色が揃えられています。(黒や茶もあります)
よくみかける民芸品の木彫りとは、
ちょっと違うでしょう?
09/01 | 北海道:あちこちで | CM:7 | TB:0
うわぁ、素敵な手鏡ですね~。
彫りもとっても細かくて、作り手の暖かさが伝わってくる
ようです。
間違いなく、幸運の手鏡ですよ!
とっても美しい夕日もカメラに収めることもできたし、ねっ。
美瑛の写真も楽しみにしてま~す。


やっぱりアイヌの何かしらの意味が込められてるんでしょうね。
縁のデザインがアイヌらしいです。

アイヌのデザインは力強くて、それでいて繊細ですね。
いつも、ありがとうございます(^_^)
店頭に出ていた手鏡は、
彫りがこれほど細かくはないものだったんですよ。
どれにするか優柔不断の私が決めかねていたら、
お店のご主人が奥から持ってらしたのが、
この彫りの細かいほうです。
千円くらいの差だったので、迷わず細かいほうを選びましたよ。
手鏡というものを日頃使うことはないので、
しまいこんじゃうと思いますが、
もし使いこんだら、木がいい艶をだしてくれるんでしょうね~。
たびたびコメントしていただいて、ありがとうございます。
きっとそうでしょうねえ。
お店のオリジナル品なのだそうですが、
文様はアイヌ伝統のものなんでしょうね。
魔よけの文様だったら、嬉しいな。(^O^)
…ところで、ケルトの文様集を持っているのですが、
ふたつの文様は通じるものがある感じです。

ケルトのデザインもいいですよね。
ケルトのらせん、 似た文様が、天河神社の鈴にも描かれていたり、マオリの彫刻に彫られていたりするんですよね。『地球交響曲第一番』というドキュメンタリー映画で知ったのですが、不思議です。あ、ちょっと前に天河神社に行ったのに見るの忘れてた(^_^;)
渦巻きやらせん文様は、
追求していったらどこまでも果てが無いというか
あまりに奥が深い世界なんでしょうね~。
文明と文様、民族と文様、気になるテーマです。(と言いつつ、はんぱな知識のままですが)
天河神社って、奈良県の?
え~、うちのダンナさんが特別に好きな場所だといってる所ですね~。
ものすごく気持ちが洗われるんですって?
「地球交響曲第一番」も、ぜひ観てみたいと思ってました。(でも観てない…)話が尽きませんね…
たまたま寄ってみたのですが、本当に気持ちのいい所でした。
なぜか若い女性も多かったけど(笑

文様については、ウロ覚えなので違ったら申し訳ないです。

お名前

U R L

コメント

パスワード
   
http://yoikana.blog8.fc2.com/tb.php/162-d99b0b74
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved