FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
ヴォーリズ NO.3
IMGP13616.jpg

かつて、ここが保育園だった時の、可愛らしいなごり。

モノクロの写真が飾ってありましたが、
かすりの着物に、メイドカフェのエプロン(例えがよくない)をした
ちっちゃな子達がこの椅子に座って写っていました。
(あと2枚)

IMGP13624.jpg

掛ける金具の高さひとつにも、気を配るひとだったのでしょうね。

IMGP13623.jpg

ちっちゃな子が駆け上がれるように、土間から上がる段差も低い。
04/14 | 春の彦根・近江八幡 | CM:8 | TB:0
おはようございます!
保育園だったのですね..
納得です..全てが、子供事を考えて
作られていますね..
優しさが溢れています..
子供達の元気な声が
今でも聞こえてきそうです..
■humsumさん、コメントありがとうございます。
そのヴォーリズの奥さんがつくった保育園が、
現在の近江兄弟社学園の前身なんだそうですよ~♪
かわいらしい籐のイスがいいですね、扉もいいなあ。
段差の低さも、隅々まで神経が行き届いた建物ですね。
■lucca-truthさん、コメントありがとうございます。
子供が座ってひんやりしないように、籐の椅子にしたそうです。
服やかばんをかけるフックの高さも、大人の太腿くらいの高さでしたよ♪
2枚目、静かな雰囲気の中にも、連続したフックに
リズム感を感じて、興味深く拝見しました。
なるほど!ヒンヤリしないための、藤の椅子なんですね!
やっぱり、ここは愛が溢れていますね。
内装の全てがとても温かみのある素材で形成されていてお写真を拝見しているだけでもその場の雰囲気等が手に取るように判ります。
小さな籐のイスも可愛らしいですね。
靴箱の取っ手にも感激です!
■migaruさん、コメントありがとうございます。
フックに、小さい手が、かばんとか上着とか掛けたんでしょうね~♪
>ヒンヤリしないための、藤の椅子
実は、正確には「おもらしをした子がヒンヤリしないための籐の椅子」という説明でした(^◇^)
つまりその、籐なら溜らないでしょう?
■igu-kunさん、コメントありがとうございます。
>内装の全てがとても温かみのある素材で形成されていて
ほんと、温か味のある素材ばかりで、
「優しさに包まれた♪」ような感じでした。
靴箱の取っ手、igu-kunさんにも気に入ってもらえたようで、とっても嬉しく思います!
お名前

U R L

コメント

パスワード
   
http://yoikana.blog8.fc2.com/tb.php/1180-6988f381
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved