follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
新年
IMGP27170.jpg


もう松の内も開ける頃になってしまって
遅いご挨拶になってしまいましたが
あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年一年、みなさまにとって良い年でありますように!
スポンサーサイト
01/06 | 小さな声で
湯浅   vol.1
C72010001.jpg


和歌山県の田辺市に帰省の際に
紀勢本線を途中下車して
湯浅に寄ってきました。

駅舎の窓からの駅前の風景。
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.2
C72010004.jpg


まさに駅前食堂といった感じの一ニ三食堂。
「ひふみ食堂」でしょうか。「いちにさん食堂」ってことはないか…
よく見たら、一ニ三旅館もあるんですね。
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.3
C72010007.jpg


駅舎がちょっと面白い建物でした。
玄関のとこは新しくしちゃったんでしょうね?
屋根の形が解る写真もあります↓
(あと1枚)
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.4
C72010011.jpg


暖かそうに見えますか?
この日の湯浅は、気温4℃、北東の風10m。
前にドラマについての記事にも書きましたが
湯浅は一昨年も訪ねたことがあって、
その時はあまりの極寒に即刻退散してしまったのでした。
リベンジの再訪になる今回はめげるわけにはいかないので
ホカロン貼りまくり、ダウンのフードまで被って歩き通しました。
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.5
C72010010.jpg


みかん問屋って書いてありますね?
お正月に欠かせない柚子もいっぱいありました。
解りにくいですが、干し柿が簾のように吊るされているんですよ。
和歌山の鏡餅には串刺しの干し柿が飾られてたりして、
干し柿もお正月の定番品なのかなって感じです…
(以前に撮った干し柿のある鏡餅の写真はこちら)
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.6
C72010014.jpg


しつこく、蜜柑問屋さんの写真をもう一枚。
蜜柑といえば、蜜柑を江戸に運んで財を成した紀伊国屋文左衛門は
ここ、湯浅の出身の人なんだそうです。
文左衛門は伝説上の人物、という説もあるそうなんですが…

湯浅の写真、まだまだ続きます。
どうぞよろしくお付き合いください…
01/09 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.7
C72010018.jpg


醤油発祥の地であり、
濱口儀兵衛や紀伊国屋文左衛門といった
江戸の歴史を彩る人物ゆかりの地である湯浅。
2006年には醸造の街並みの残る一帯が
重伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)に指定されました。
で、その重伝建地区を目指して歩いてる途中の写真なんですが
湯浅には重伝以外にも面白い建物が残ってるんですね。
この建物もそのひとつ。
(あと1枚)
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.8
C72010020.jpg


一昨年に訪れた時にも
前の写真のアール・デコ風建築とこの銅張りの商家が気になったんですが
残念なことに今回はお店が閉まってました。
手前に立ってるのは立石(たていし)の道標で天保9年(1838年)に建造されたもの。
今は道町通りと呼ばれるこの通りが昔の熊野古道だったそうで
東面には「きみゐでら」(紀三井寺)の文字が、
北面には「すぐ熊野道」の文字が、
南面には「いせかうや右」(伊勢・高野山は右)の文字が彫られています。
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.9
IMGP7869abc.jpg


これは一昨年のデジイチで撮った写真。
銅張りの商家は、駄菓子屋さんだったのでした。
(あと3枚)
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.10
C72010024.jpg


「くまの古道」と書かれた行灯や看板をあちこちで見かけました。
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.12
C72010027.jpg


街を訪れるひとを楽しませようというおもてなしの心なのでしょうか、
「せいろミュージアム」と呼ばれる小さな展示もあちこちにありました。
せいろの木枠の中は、各家ごとの工夫を凝らした小さな博物館といった趣です…
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.13
C72010033.jpg


これも、「せいろミュージアム」のひとつ。
家ごとに大黒様のミニチュアだったり、煙管のコレクションだったり、
街全体でかなりの数があるみたいです。
(あと2枚)
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.14
C72010029.jpg


あともう少し歩くと重伝建地区という辺り…
かつての熊野古道だった商店街が続きます。
(あと1枚)
01/13 | 湯浅・御坊
湯浅   vol.15
C74030002.jpg


この辺りが重伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)の入り口でしょうか。

あと2、3回、湯浅の重伝建エリアの写真をご紹介しますので
どうぞもうしばらくおつきあいください…
01/13 | 湯浅・御坊 | CM:8
ひと息ついて ?
C69000011.jpg


湯浅の記事まだ続きますが、
ちょっと気分を変えて…
01/14 | HOLGA135と遊ぶ
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。