follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
古い建物コレクション?  横手・旧日新館 vol.1
C53020005.jpg


以前にも、こんな写真や、こんな写真でご紹介した、横手の旧日新館。
明治35(1902)年に、旧制横手中学校(現在の横手高校)の英語教師として赴任してきた
アメリカ人チャールス・C・チャンプリンの住居として建てられたものだそうです。
(あと1枚)
スポンサーサイト
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・旧日新館 vol.2
C53020004.jpg


旧日新館は、個人の所有で、現在でも持ち主がお住まいなんですが、
使ってないお部屋を見学させてもらえます…
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・平源旅館 vol.1
C53020017.jpg


平源旅館は1873年創業の老舗。
建物は大正15年の横手市の大火災で焼失した後に建て替えられたものだそうです。
旧皇族や犬養毅元首相、棟方志功、石坂洋次郎などの「ゆかりの宿」として
格式の高さを誇っていたそうですが、2008年に倒産。
国の登録有形文化財に指定されている建物なのに、
訪ねた時は、すっかり荒れ果ててしまった様子でした…
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・平源旅館 vol.2
C53020019.jpg


玄関上のステンドグラスが
アール・デコの感じで素敵…
ちなみに内部は純和風だそうで
こちらのサイトに紹介されてました。
宮大工の手による内装や品の良い調度品を見ると、
かつてはこんなに素晴らしい宿だったのに、と残念でたまらなくなります…
(あと1枚)
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・平源旅館 vol.3
C53020018.jpg


ステンドグラスの出窓は、破損しないように覆われてしまっていました。
建物のあちこちに、ひび割れも見うけられました。
ステンドグラスはもちろんん、
赤いタイルの装飾も、ラーメン模様のような装飾も、
この先、無事に保存されるといいのですが…
(あと1枚)
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・斎太薬局  vol.1
C53020031.jpg


斎太薬局は、国の登録文化財で、
木造の店舗は明治30年に、
看板建築風の調剤室・応接室は昭和初期に建てられたそうです。
明治と昭和の時代の折衷ですね?
(あと1枚)
09/01 | 夏の秋田へ
古い建物コレクション?  横手・斎太薬局  vol.2
C53020033.jpg


旧日新館、平源旅館、斎太薬局という
横手に残る、三軒の古い建物をご紹介しました。
明治、大正、昭和にかけて作られた三種三様の建築スタイルの建物。
今も活用されてたり、放置されてたり、保存されてたり、
残され方もそれぞれでした。
それにしても、平源旅館の建物は
この先どうなってしまうのかと心が痛みます…
09/01 | 夏の秋田へ | CM:6
角館?杜の街   vol.1
C57030005.jpg


角館にやってきました…
09/02 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.2
C57030010.jpg


タイトル、杜の都だと仙台になっちゃうので、
「角館?杜の街」にしてみました。
角館というと、しだれ桜が有名なんですが、
私はとにかく、この街の巨大屋敷林に圧倒されてしまったのです。
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.3
C57030004.jpg


どれくらい巨大な屋敷林かというと…
ね、半端なく高い巨木がそびえ立ってるでしょ?

主に、モミ、カシワ、アカマツなどが植えられているそうで、
中には樹齢250年の樅の木のあるお屋敷もありました。
私は樅の木ってこういう木だったんだって初めて認識しましたよ。
ここは伊達藩じゃないんだけど、
「樅の木は残った」の樅はこれなのねって。
(あと1枚)
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.4
C57030012.jpg


そりゃね、私だって、しだれ桜は大好きなので、
春の角館にも訪れてみたいですよ。
(桜の季節は観光客で大混雑だそうですが…)
でも、夏の角館なら、とにかく、屋敷林の巨木たちに
惚れ惚れとさせられます。
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.5
C57030014.jpg


ここは、たぶん小田野家。
vol.4の写真と同じ場所を道側から撮ってます。

小田野家は、江戸時代の後半に平賀源内から洋画を学び、
秋田蘭画と呼ばれる一派を形成した画家・小野田直武を出した家だそうで。
小野田直武は、杉田玄白らの「解体新書」の図版を描いたことでも知られてます。
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.6
C57030016.jpg


ここは岩橋家だったかな…
アカマツらしき木も見えます。
角館は、しだれ桜に混ざってカエデの木も多いので、
秋はまた見事な紅葉が楽しめるんでしょうね。
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街   vol.7
C57030020.jpg


角館のご紹介、もう少し続きます…
09/03 | 夏の秋田へ
角館?杜の街・おまけの思い出
C57030007.jpg


角館を訪れたのは、とにかく暑い日で、
アイスクリームの屋台をいくつか見かけました。
で、メインの通りからはずれた所にいたおばちゃんのアイスを買ったのですが、
そのアイスの美味しかったこと!
アイスというよりはシャーベットとジェラートの中間みたいでしたが、
とっても素朴で爽やかな味。
「メロンのエキスを入れてる」って言ってたけど、エキスって何でしょうね?
私にしては珍しく、写真撮らせてくださいとお願いして撮った1枚。
09/05 | 夏の秋田へ
角館点描   vol.1
IMGP21657.jpg


水引草には黒い板壁がお似合い…
09/05 | 夏の秋田へ
角館点描   vol.2
IMGP21667.jpg


石黒家を見学しました。
09/05 | 夏の秋田へ
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。