FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
花巻・賢治をめぐる小旅行  vol.8
C52010036.jpg


なあんとなく、ヨーロッパっぽいような
気もするイギリス海岸の風景。
08/18 | 夏の岩手へ
花巻・賢治をめぐる小旅行  vol.9
C54000012.jpg


それにしても、盛岡から、花巻、北上、奥州、一関と
岩手県から宮城県まで南北に貫くように流れる北上川ってすごいです。
08/18 | 夏の岩手へ
花巻・賢治をめぐる小旅行  vol.10
C52010026x.jpg


最後はめがね橋へ。
アーチ型橋梁のこの橋は、賢治の「銀河鉄道の夜」の原風景といわれてます。
昔の石積の橋脚が2本残ってるの、解りますか?
JR釜石線の走るところを撮りたい!と、
かなり長いこと待って結局挫折しちゃいました。
08/18 | 夏の岩手へ | CM:8
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.1
IMGP21316.jpg


その昔、宮沢賢治も泊まったという
花巻温泉郷の大沢温泉 自炊部は
思い出に残る宿でした…
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.2
IMGP21403.jpg


自炊部?といぶかしく思われました?
そう、自炊部は、昔ながらの湯治の宿なんです。
詳しくはこちらをどうぞ。
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.3
IMGP21402.jpg


大沢温泉には、ご紹介してる自炊部だけではなくて、
鉄筋建ての純和風旅館・山水閣と茅葺の菊水館も併設されてます。
時代につれて、増築していったんでしょうね?
自炊部に泊まっていても、山水閣や菊水館のお風呂巡りができます。
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.4
IMGP21396.jpg


ここは、炊き出しコーナー。
炊事場が別にあるのですが、ここにお米を持ち込めば炊いてもらえます。
お米が無くても、一合168円で注文できると聞いて、
一応主食は色々持参してたのですが、炊き立てのご飯の方がいいと
朝食用にお願いしたのでした。
(あと2枚)
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.5
IMGP21387.jpg


二階の川に面したお部屋だったので、大喜びでした。
お部屋の入り口には、鍵とか無いんですよ?
(あと1枚)
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.6
IMGP21269.jpg


川の対岸から自炊部を眺めたところ。
男の人の目線の先に、大露天風呂があります。
私は見れませんでしたけど(裸が丸見えなので!)
(あと2枚)
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.7
IMGP21287.jpg


大露天風呂が混浴でしかも橋の上から裸がばっちり丸見えなので
もっぱら別の露天風呂に入りましたけど、
河鹿蛙の声を聞きながら入るお風呂はいいものでした…
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.8
IMGP21304.jpg


大沢温泉 自炊部の前半のご紹介はこれでおしまい。
後半へと続きます…
08/20 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.9
C51000008.jpg


後半は粒子の粗いフィルムを使ってます。
それにしても粒子が粗い…(汗)
写真は、売店で買った岩手のサイダー。
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.10
C51000033.jpg


ちょっとしたコンビニ並に色々揃った売店。
右手には主にお土産、お菓子、調味料、生活用品、
左手には冷たい飲み物や、乳製品、
先日ご紹介した納豆、卵などが並んでます。
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.11
C51000028.jpg


長い廊下。
「御食事処やはぎ」の文字が見えますか?
自炊がいやになった時は、ここが利用できます。
一度夕飯を食べましたが、名物のお蕎麦から、福っ来寿司、
ボリュームのある定食まで、どれも美味しかった…
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.12
C51000030.jpg


ここが自炊部のロビーラウンジというか、
帳場待合です。
(あと1枚)
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.13
C51000026.jpg


よそのお部屋への廊下を失礼してぱちり。
入り口の襖を開け放しているお客さんが多いです。
中からおばちゃんたちのおしゃべりが聞こえたり…

そうそう、朝は、新聞売りとヤクルトの販売の方が
部屋から部屋へ、館内をめぐって回るんですよ。
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.14
C51000021.jpg


お部屋の窓辺で。

ちなみにお部屋代は一人につき、だいたい一泊2,000?2,500円。

あと、掛布団=210円、敷布団=210円、シーツ=74円、枕=10円、浴衣=210円
といったものから必要な物だけチョイスします。
冬は、その他に
丹前=158円、こたつ=350円、ストーブ=630円、毛布=210円
なんてのも有料で借りられます。

テレビ、冷蔵庫はお部屋に付いていて無料。
ポットも無料で借りられます。
コインランドリーも完備されてます。
(あと1枚)
08/22 | 夏の岩手へ
花巻・大沢温泉 自炊部   vol.15
C51000019.jpg


炊事場は自炊部のシンボルみたいな場所です。

おばあちゃんも、おじさんも、
みんな粛々と食事の用意をしてました。
(あと1枚)
08/22 | 夏の岩手へ
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved