FC2ブログ

follow me

by Marshmallow Studio
ところで
C32010035.jpg


「未来を写した子供たち」という映画が
レンタルDVDでリリースされていますが、
インドのスラム街の子供たちの撮った写真が魅力的だったので
おすすめしておきますね。

「未来を写した子供たち」公式HP
amazon.co.jp「未来を写した子供たち」
07/17 | 小さな声で
スコットランドの空に魅せられて
IMGP1725ab.jpg


ゴルフの全英オープン選手権、4日間魅入ってしまいました…
(続く)

07/20 | 小さな声で
大磯素描   vol.1
C49000017.jpg


梅雨明けのちょっと前に、
大磯に行ってきました。

しばらく、大磯の写真におつきあいください。
07/22 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.2
C49000001.jpg


大磯駅。
今回は、駅の南側の海方面をうろうろしました。
駅の北側は行ってないのですが、
山の斜面にお屋敷が点々と見えました…
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.3
C49000009.jpg


駅のすぐ前に、澤田美喜記念館と聖ステパノ学園があります。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.4
C49000002.jpg


この日は澤田美喜記念館に入ることはできませんでした。
聖ステパノ学園の入り口にちょっとおじゃまして。
(聖ステパノ学園とその礎となるエリザベス・サンダースホームを
澤田美喜さんが創立されています)

ちょっと前に、澤田美喜さんとエリザベス・サンダースホームの子供たちの
ドキュメンタリー・フィルムを観たことが、
大磯に行ってみようと思った理由のひとつでした。
(あと1枚)
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.5
C49000007.jpg


聖ステパノ学園の塀が続きます。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.6
C49000030.jpg


島崎藤村邸の通りで。
かつては獅子文六邸も大磯にあったのですが、
今は開発されて宅地になってしまったそうです…残念。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.7
C49000019.jpg


東海道の松並木。
実際は、ほとんどの松が松喰い虫のために
幹の途中から切られてしまっています。
ちょん切れの松は、あまり絵にならないので
上のほうはトリミングしましたが…
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.8
C49000018.jpg


西湘バイパスを望む。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.9
C49000024.jpg


海へと向かう道。
海沿いには、明治の勲臣たちの別荘跡が続くのですが、
写真のような鉄条網の張り巡らされた敷地になっていたり、
あるいは企業の保養所になっていたり、
マンションになっていたり…
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.10
C49000026.jpg


vol.1の写真もそうなんですが、
海へと向かう道が、大磯で一番に撮りたいと思う場所でした。
もっと粘って、いっぱい撮ってくればよかった…
いつか、きっと、リベンジしに行きます。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.11
C50010005.jpg


大磯漁港に近い海岸で。
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯素描   vol.12
C49000015.jpg


こゆるぎの浜で。

このあと、おまけの大磯の建物編と、
おまけのデジカメ写真編が続きます。
いま少し、大磯の写真にお付き合いください…
07/25 | 箱根・小田原・大磯
大磯・建物編   vol.1
C49010006.jpg


駅にほど近い旧木村孝太郎邸(現T邸)。
大正10年に建てられた洋館に
翌年日本家屋を建て増ししたものだそうです。
07/27 | 箱根・小田原・大磯
大磯・建物編   vol.2
C49000006.jpg


大磯の駅からすぐの旧山口勝蔵(木下健平)別荘。
かつてはフレンチレストランとして使われ、
その店名の"ドゥゼアン"と呼ばれていたようです。
今は、ちょっと敷居の高そうなイタリアンのVENT MARINO。
(あと1枚)
07/27 | 箱根・小田原・大磯
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved