follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
曇り空が続きますが
IMGP4812.jpg


紫陽花が楽しみな季節は、
曇り空もまたよいかな…

今年の紫陽花は咲き始めが早かったような
気がします。
スポンサーサイト
06/03 | あじさい・彩
瑞々しく
IMGP14822.jpg


出会うたびに、
気持ちのすみずみまで潤うような花です。
06/06 | あじさい・彩
関東地方も
IMGP20935.jpg


梅雨入りしましたね?
06/12 | あじさい・彩
馬のいる風景    vol.1
C48010032.jpg


ものすごく遅いですけど、GWの写真を。
馬事公苑に、ホースショーを観にいった時の写真です。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.2
C48010007.jpg


ホースショーは、毎年、GWの3日間に開催されるイベント。
馬術大会、ポニーの演技、ポニー競馬、体験乗馬、などなど
盛り沢山で、馬と触れ合うアトラクションが用意されてます。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.3
C48010015.jpg


でも、私が一番嬉しかったのは、
普段は立ち入れない馬房に近付けたこと。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.4
C48010011_20090616024629.jpg


干してあるのは、鞍の下にかけてやる布?かな…
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.6
C48010008.jpg


ここの住人さんたち。
今日はなんだか騒がしいぞ、と思ってるのか…
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.7
C48010010.jpg


顔が白くとんじゃってて、ゴメンね。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.8
C48010019.jpg


昔、競馬に夢中だった頃は、
凱旋門賞に挑戦する日本の馬の取材番組なんかを観てると、
馬は一時的にフランスの厩舎に滞在するんですが、
わあなんて綺麗な馬房だろうとうらやましく思ったものです。
それくらい、欧米の厩舎は、お花なんかも植えられたりする瀟洒な建物なんです。
それに比べて、なんて日本の厩舎は冴えないんだろうって。

でも、今では、こんな場所が何だかいいなあと思うんですよね…
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.9
C48010024.jpg


ホースショーでは、屋台や模擬店も楽しみなのです。
何軒か、乗馬をする人のための専門店も出店していて、
ジョッキーブーツなんかを、カッコいいなあと眺めたり。
ここは、鞍のお店です。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.10
C48010028.jpg


蹄鉄の実演コーナー。
炉で熱した蹄鉄をハンマーで叩く場所です。

蹄鉄は幸運を呼ぶというので、ひとつ欲しいなあと思いながら
眺めていたのでした。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.11
C47000019.jpg


馬術競技の大障害だったかな…
飛越する瞬間、行け!と気合が入ってしまいます…
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.12
C47000025.jpg


あくまで、馬のいる風景を撮るんだから、
長玉のレンズはいらないと持ってかなかったのですが、
躍動する馬たちを観てると、
ついその筋肉をもっとアップで撮りたくなります。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.13
C48010022.jpg


出番を待つ、ポニー。
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.14
C48010021.jpg


またいつか、逢いにくるからね?
06/16 | 東京のどこかで②
馬のいる風景    vol.15
C48010012.jpg


というわけで、馬事公苑の写真、
長々とご紹介してしまいました。
観てくださった方、ありがとうございます。
06/16 | 東京のどこかで② | CM:10
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。