follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
新緑の国立天文台へ  vol.16
C46010015.jpg


というわけで、またまた国立天文台の写真を
しつこくご紹介しました。

天文台の後、深大寺にも寄ったので、
引き続き深大寺の写真をご紹介します。
もう少し、おつきあいください。

ゴールデンウィークの真っ最中ですが、
みなさま、楽しい休日を過ごされてますように^^
スポンサーサイト
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.15
C46010021.jpg


自動光電子午環の両サイドにある、何か。
でっかい百葉箱みたいですが、天文観測に使う何かだと思います…
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.14
C46010031.jpg


1925年に建てられたレプソルド子午儀室。
庇の下の装飾とか、アール・デコっぽいって言えるのかな?
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.13
C46010013.jpg


レプソルド子午儀室も
シンプルな建物なのに、かっこいいんです。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.12
C46010026.jpg


ゴーチェ子午環の入り口。
前も、ほとんど同じ写真、撮ってますが。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.11
C46010027.jpg


ゴーチェ子午環の東側。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.10
C46010023.jpg


1924年に建てられた
ゴーチェ子午環の西側です。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.9
C46010010.jpg


前回も同じような写真を撮ってますが、
またまた載せてしまいます。
ここの壁、スクラッチタイルが煤けてしまっているんですが、
素敵でしょう?
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.7
C46010007.jpg


ここも、かなりのお気に入り。
アインシュタイン塔と同じスクラッチタイルの建物です。
1930年に図書庫として建てられました。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.6
C46010004.jpg


大赤道儀室。
1926年に建てられ、今は天文台歴史館になっています。
黒くつぶれた写真になってしまいましたが、
屋根のかっこよさは伝わるかな…
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.5
C46010001.jpg


100mのレンズで寄っても、これが精一杯。
スクラッチタイルのいい感じ、伝わるでしょうか。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.4
C45000036.jpg


お気に入りの、アインシュタイン塔。
1930年に建てられたものです。
今回訪ねてみたら、通行止めの柵が置かれていて近寄ることが出来ません。
建物の保全ためには仕方ないんですが、
ちょっと残念。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.3
C45000034.jpg


ここの受付に申し込んで、見学の許可をもらいます。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.2
C45000033.jpg


三鷹の国立天文台を訪ねたのは、
4月19日のことでした。
05/04 | 国立天文台へ
新緑の国立天文台へ  vol.1
C46010032.jpg


ちょっと前に、再び、好きな場所に行ってきました。
三鷹の国立天文台。
落ち葉の頃、桜の頃と訪れて、今度は新緑の頃の天文台です。
今回はフィルムのカメラに変えてみましたが、
結局同じアングルの写真ばかりになってしまいました。
でも、好きな場所なので…
05/01 | 国立天文台へ
春・国立天文台  no.24
IMGP18806.jpg



ずっと、ブログを放置してしまってました。
とうに桜の季節など、遠い記憶になってしまったというのに、
今頃UPするなんて、かわいそうな写真たちです。
これで、春の国立天文台とは、やっとお別れです。
最後の一枚は、私の好きなレプソルド子午儀室。
って、どこもかしこも好きなんですけどね、この場所は。
05/06 | 国立天文台へ
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。