follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
野付半島 幻の街
IMGP1760.jpg

この野付半島の先端のどこかに、
今から約200年前の江戸後期に和人によって築かれ、
その後、忽然と姿を消した歓楽街「キラク」があった。
…そんな伝説をご存知ですか?

<続く>
スポンサーサイト
09/22 | 北海道:野付にて | CM:8 | TB:0
野付半島 国後島を望む
IMGP1755.jpg

この写真を撮った場所で、
くるりと振り返ると、先ほどのナラワラです。
…つまり、道路のこちら側は、国後島を望む根室海峡の海。
道路の反対側は、ナラワラ、その後ろに野付湾。
野付半島が、(先端は広いのですが)ほとんど道路1本分の
細?い半島って、お解かりいただけましたか?
09/22 | 北海道:野付にて | CM:4 | TB:0
野付半島 ナラワラへ
IMGP1734.jpg

ナラワラは、ミズナラの木の枯木林。
トドマツ→トドワラ
ミズナラ→ナラワラ、という訳です。
トドワラに比べると、風化せずにまだ残っているようですが、
ここには駐車場があるだけで、木道などはありません。
道路から遠目に見るだけです…。

<あと3枚>
09/22 | 北海道:野付にて | CM:4 | TB:0
野付半島 トドワラを行く その4
IMGP1647.jpg

…荒涼としている?寂しい?
私は、削ぎ落とされて純化した世界、そんなようなことを感じました。

<あと1枚>
09/21 | 北海道:野付にて | CM:4 | TB:0
野付半島 トドワラを行く
IMGP1631.jpg

トドワラは、風に吹かれて、消し去られてしまいそうでした。
風化する白い枯木と、ぽつんと取り残されたような景色。
見るひとによって、きっと色々に受けとめる光景だと思います…。

<あと1枚>
09/21 | 北海道:野付にて | CM:2 | TB:0
野付半島 花馬車 その2
IMGP1714.jpg

花馬車は2台。
トドワラ号と、ハマナス号が、原生花園の中を続く細い道を
交互に行き来しています。
風情があって、いいんですよ…。
09/20 | 北海道:野付にて | CM:10 | TB:0
野付半島 花馬車
IMGP1623.jpg

野付半島のネイチャーセンターまでは、車か遊覧船で行くことができます。
そこからトドワラまでは、歩いて片道30分くらい。
観光花馬車に揺られて行くのもいいかなあ。
のんびり、のんびりと行くことにしました。
09/20 | 北海道:野付にて | CM:2 | TB:0
野付半島は、いいところでした。
IMGP1620.jpg

北海道の地図をエイに例えれば、
エイの目と目の間のあたりにあるのが、野付半島です。
海流によってできた砂嘴で、
半島というよりは、細?い釣り針のような形をしてます。
…ここが、とってもいいところでした。

<続く>
09/20 | 北海道:野付にて | CM:6 | TB:0
風蓮湖 その5
IMGP1790.jpg

車に戻ったら、子供に言われました。
「お母さん、写真撮るときは、根性だねー」
……。
09/17 | 北海道:野付にて | CM:8 | TB:0
風蓮湖 その4
IMGP1782.jpg

家族は車に退散した後も、
ずっと蚊に刺されながら撮り続けていました。
…虫よけスプレーなんて、全然平気みたいな蚊たちでした。
09/17 | 北海道:野付にて | CM:2 | TB:0
風蓮湖 その3
IMGP1798.jpg

対岸の「道の駅スワン44ねむろ」にも
風蓮湖と春国岱を反対側から望むことができるので
足を伸ばしたのですが、
そこでも、蚊に襲われて、大変でした…。

<あと1枚>
09/17 | 北海道:野付にて | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。