follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
安曇野 その8
IMGP2136.jpg


この展示室兼ミュージアムショップは、好きな建物。
スポンサーサイト
09/08 | 軽井沢・安曇野
安曇野 その7
IMGP2117.jpg


大好きな碌山美術館へふたたび。
09/08 | 軽井沢・安曇野
北杜市に行ってきました。
IMG_1430.jpg


5月の中旬に
北杜市に行ってきました。
以前、秋の終わりに行ってから再びの訪問です。
06/03 | 甲斐の国で | CM:0
田辺にて  下屋敷から上屋敷 vol.6
IMGP29666.jpg


こうやって撮ると
素敵だなあと思う。
って、自画自賛になっちゃいますけど…
02/18 | 冬の紀伊田辺②
京都の川・その3  鴨川  vol.2
IMGP30091.jpg


鴨川の川原と先斗町の通りに挟まれて建つこの先斗町歌舞練場、
京都の代表的な近代建築であること、ご存知でしたか?
昭和2年に建てられたもので
当時流行したスクラッチタイルが全面に使われています。
東京だと、かつての廿世紀浴場や同潤会虎ノ門アパートに使われてたスクラッチタイル。
何となく京都では、このタイルが和の雰囲気を醸し出してるような…
でも直線的なフォルムや八角形の窓は、まぎれもないアール・デコのスタイルですね。
02/09 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.6
C91020002.jpg


冬木立もまた悪くはないけど
旧立誠小学校のこの橋を
満開の桜や萌える若葉と共に撮ってみたいです…
でも冬しか京都には来れないのよね…
01/15 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.5
C90000032.jpg


今は廃校となった旧立誠小学校。
明らかにアール・デコなので
昭和初期の建物かなあと思ったら
やっぱり1869年(昭和2年)に建てられたものでした。
(あと1枚)
01/15 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.4
C90000029.jpg


この欄干は、シンプルなんだけど
何気なく美しいかなと思う…
建物は旧立誠小学校。
01/15 | 冬の京都②
南軽井沢にヴォーリズを訪ねて  vol.2
C88000012.jpg


こちらは、明治44年に建てられた
旧・軽井沢郵便局舎。
タリアセンに移築されて
深沢紅子野の花美術館として再利用されています。
10/06 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.6
FH000031.jpg


ヴォーリズ建築のご紹介、あと1回か2回続きます…
09/27 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.5
C89000030.jpg


軽井沢集会堂。
正面入り口の屋根がちょっと唐破風っぽい…
09/27 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.4
C89000026.jpg


テニスコートの向かいにある 軽井沢ユニオン教会。
09/27 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.3
C89000029.jpg


ここは、日本一ロマンチックなテニスコートなのかしらん。
そう、ロイヤルカップルの出会いの場となったテニスコートです。
その軽井沢会テニスクラブのクラブハウスが、
実はヴォーリズ建築ってご存知でしたか? 
09/27 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.2
C89010035.jpg


通路の奥が、日本基督教団 軽井沢教会。
旧軽銀座を幾度となく通りながら、
ミカドコーヒーの脇にある教会がヴォーリズ建築とは知りませんでした。
ミカドコーヒーはヴォーリズ建築ではありませんが、
その昔、ヴォーリズの事務所があった場所だそうで、
事務所の建物の面影を残して建てられたものだそうです。
09/27 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.1
IMGP28333.jpg


軽井沢を何度か訪れながら、
軽井沢のヴォーリズ建築を訪ねてなくて
今度行ったらリベンジしようと思っていたのでした…

ヴォーリズ・ファンにはおなじみの建物ばかりですが
いくつか撮ってきたのでご紹介しますね。

その前に
以前のエントリーで、ヴォーリズについて語ってます。

Wikipedia「ヴォーリズ」もよかったらご覧ください。
09/27 | 軽井沢・安曇野
重文岩科学校   vol.5
IMGP27308.jpg


これが、岩科学校の外観。
詳しいことは、ぜひこちらのサイト
ご覧になってください。

これで、長野・松本の旧開智学校愛媛・宇和町の開明学校、伊豆の岩科学校を
観ることができました。
明治時代に建てられた、擬洋風建築の学校って、なんか好きなんですよね…
以前に訪ねた近江八幡の旧八幡東学校(白雲館)もこの仲間に入れられるかな。
次は、伊賀上野の旧小田小学校を訪れてみたいです…
04/29 | 春の伊豆をゆく
重文岩科学校   vol.4
IMGP27305.jpg


入江長八さんという方は、
漆喰の研究にも研鑽を重ねたのでしょうね。
"こて絵"の鮮やかさは
100年以上の時を過ぎても色褪せることなくそのままなのですから。
04/29 | 春の伊豆をゆく
重文岩科学校   vol.2
IMGP27298.jpg


2階の「鶴の間」。
松崎が生んだ名工、入江長八による"こて絵"で
138羽の鶴が舞っています。

40?50代の案内係の女性がいらしたのですが、
「私が女学生の頃は、ここを裁縫室に使ってました」とのこと。
建てられた当時は貴賓室だったそうですが、
こんな艶やかな部屋で若い娘さんたちが針仕事をしていた、
と想像するほうが楽しいかな…
04/29 | 春の伊豆をゆく
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。