follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
田辺・夏の日  vol.59
M27010027x.jpg


田辺の写真、
最後の1枚は、ちょっと気に入っている写真を。

川があって、山が見えて、海があって
お寺が多くて、神社が多くて
城下町の名残がほんの少しあって
漁師町もあって
どこにでもあるような、
紀伊半島の南の方の街のご紹介でした。
スポンサーサイト
09/02 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.58
M29030032x.jpg


黄色い花が一輪咲いていて
ちょっと南国っぽい風景でした…
09/02 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.57
M29030034x.jpg


漁師町でも元の屋敷町でもないこの辺りは
建築ラッシュで次々と新しい住宅に建て替えられていて
ピカピカの家では写真の材料にはならないのですが
その中でもトタンのまま変わらない佇まいを見せてくれる家。
09/02 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.56
M29030013x.jpg


会津川の河口に近い川岸は堤防になっていて
よくこの堤防に登って写真を撮ったものです…

堤防の上から撮るとこんな写真
09/02 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.55
M27010026x.jpg


会津川。
昭和の初めまでこの川で川海苔が採れたとか。
今はこの写真より護岸工事が行われてしまっているようです。

会津川はvol.11vol.12vol.13vol.36でもご紹介してます。
09/02 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.54
M27010004.jpg


こちらは、現在の飲み屋街
通称「親不孝通り」へと向かう道。
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.53
M30040028.jpg


昔の花街だった辺り。
10年くらい前には三味線の音も聴こえたような
そんな記憶があります。
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.52
M30040033x.jpg


屋敷町の一角でみつけた洋館。
昭和初期の建築でしょうか、現役の医院のようでした。
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.50
M30040032.jpg


屋敷町らしい家並みは年々少なくなっていく気がしますが
T字路ばかりの道筋はそのまま。
萩なんかもそうでしたが、城下町の曲がり角って敵の速攻を防ぐために
四つ角が無くてT字路やクランクなんですよね…
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.49
M29030004.jpg


その昔、田辺藩の城下町だった田辺。
元の屋敷町はずいぶんと様変わりして
こんな空き地もぽつりぽつり。
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.48
M29030006.jpg


港に近い辺りでみつけた廃屋。
08/31 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.47
M30040004.jpg


いつも、お盆かお正月にしか行かないので
この港の活動してる時を見たことがありません。
眠ったように静かな港ばかり。
まどろむ船、佇む倉庫…
まあでも、ガシガシ働いてるひとでいっぱいだったら
のんびり写真撮ってられないですね…
08/27 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.44
M28020013_20100827073110.jpg


黒猫が寝てるの、解りますか?
08/27 | 夏の紀伊田辺
田辺・夏の日  vol.41
M27010010_20100824084412.jpg


今年も例年8月12日頃に開催されてたお盆の花火大会は中止だったそうです。
不景気でスポンサーが集まらないのだそうです。
隣町の白浜の花火大会は開催されて、田辺からも見えるのですが
白浜のは観光地の花火で…
田辺の花火は地元のための花火というか、趣が全然違うんですね。
ひたすら、のんびり、のんびり。
花火が打ち上げられてから、じゃあ行こうかと家を出ると
道すじの家の前の縁台に、おじいちゃんおばあちゃんが座っていたりして。
港に着くと、若い子たちが堤防の淵に座ってたりして。
東京の花火大会につきものの、「場所取り」や「混雑」とは無縁の花火大会なんです。
だから、好きだったんだけどな。
もう、思い出の中にしか、あの花火は上がらないのかな…
08/24 | 夏の紀伊田辺
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。