follow me

by Marshmallow Studio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
ひさびさに。
FH020030_201409240414263c6.jpg

スポンサーサイト
09/24 | 気まぐれに②
先斗町を抜けて  vol.1
C91020003.jpg


先斗町にあるおばんざい屋さん、開いてるかな?と
行ってみましたが、やはりお正月でお休みでした…
01/24 | 冬の京都②
祇園巽橋から
C91020026.jpg


祇園白川の巽橋を背にして
四条通り方面を撮ってみました。
きっとみ?んな撮る場所なんだろうな。
ほんとは巽橋を入れ込んで撮るところだけど
巽橋の上は人でいっぱいなのでした…
01/20 | 冬の京都② | CM:21
京都の川・その2  白川  vol.4
C91020022.jpg


満開のしだれ桜越しにこの景色だったら
もう絵になり過ぎかも。
なんて春に行けないので負け惜しみですが…
01/20 | 冬の京都②
京都の川・その2  白川  vol.2
C91020016.jpg


白川沿いにお茶屋さんの並ぶ祇園のこの辺りは
桜の頃が1番なんでしょうけど
冬ざれた風景がまた乙なものだったりして。
01/20 | 冬の京都②
京都の川・その2  白川  vol.1
C91020015.jpg


高瀬川の次は白川へ。
しばし川沿いを歩くことにしました。
橋の上に、人力車が。
01/18 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.6
C91020002.jpg


冬木立もまた悪くはないけど
旧立誠小学校のこの橋を
満開の桜や萌える若葉と共に撮ってみたいです…
でも冬しか京都には来れないのよね…
01/15 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.5
C90000032.jpg


今は廃校となった旧立誠小学校。
明らかにアール・デコなので
昭和初期の建物かなあと思ったら
やっぱり1869年(昭和2年)に建てられたものでした。
(あと1枚)
01/15 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.4
C90000029.jpg


この欄干は、シンプルなんだけど
何気なく美しいかなと思う…
建物は旧立誠小学校。
01/15 | 冬の京都②
京都の川・その1  高瀬川  vol.1
C90000026.jpg


ついつい、桜でも咲いてないと
さらっと歩いてしまう高瀬川沿いですが
意外とこの川にかかる橋が面白いなと思うんです…
01/15 | 冬の京都②
京都の暖簾をみっつ  vol.1
C90000002.jpg


これが、粟餅所・澤屋さんの暖簾。
庇の上に前日の雪が残ってるの、見えますか?
01/13 | 冬の京都②
粟餅を食べに北野天満宮へ  vol.12
C90000021.jpg


おみくじは、こちらへ…
01/10 | 冬の京都②
粟餅を食べに北野天満宮へ  vol.10
C90000009.jpg


ここは絵馬所というのかしら。
お正月の行事、点満書(てんまがき)が行われてました。
神前で書き初めをして書道の上達を願う、
のだそうです。
一生懸命な顔で筆を運ぶ小学生を撮りましたが
暗くて載せられないのが残念。
01/10 | 冬の京都②
粟餅を食べに北野天満宮へ  vol.9
C90000016_20110110044714.jpg


デジカメの写真と
フィルムの写真が混ざるのは
いまいちだと思いつつもごちゃ混ぜで…
これはフィルムの方。
01/10 | 冬の京都②
粟餅を食べに北野天満宮へ  vol.1
C90000004.jpg


何度か行ったことのある北野天満宮。
でも、その度に、門前の粟餅所・澤屋さんが営業してなくて。
今回も、粟餅のリベンジが目的で行ったのですが
まずは、その前にお参り。
01/08 | 冬の京都②
軽井沢のヴォーリズレーン   vol.5
C88000033.jpg


15分ほど歩いて、さんざん迷って
もうみつからないかと思った頃に出会えた
ヴォーリズの旧アームストロング別荘。
ヴォーリズが宣教師アームストロングのために
大正中頃に建てたものです。
10/04 | 軽井沢・安曇野
軽井沢のヴォーリズ    vol.6
FH000031.jpg


ヴォーリズ建築のご紹介、あと1回か2回続きます…
09/27 | 軽井沢・安曇野
template design by takamu
Copyright © 2006 AZUKI (forgetmenot/do-little) All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。